ニュース画像
圓通殿に安置された半僧坊(右上)のもとで営んだ大般若祈祷
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

古屋安雄氏(国際基督教大名誉教授)

2018年4月20日付 中外日報(訃報)

古屋安雄氏(国際基督教大名誉教授) 16日死去。91歳。葬儀は22日午後1時、東京都三鷹市大沢3-10-2の国際基督教大礼拝堂で。司式は加山久夫・日本基督教団牧師(明治学院大名誉教授)。

1926年、中国・上海生まれ。51年、日本神学専門学校(現東京神学大)卒業。59年、米国プリンストン神学大大学院で神学博士号取得。組織神学・宗教学専攻。同年、国際基督教大に着任。同大教会牧師、宗務部長、教授を務めた。97年、同名誉教授。東京女子大宗教顧問、聖学院大大学院教授を歴任。