東京本社勤務の営業記者を募集
ニュース画像
原爆落下中心地碑の前でオラショを唱える村上さん(右)とグレゴリオ聖歌を歌う松本さん
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

菅原栄光氏(栃木県日光市・天台宗日光山輪王寺前門跡)

2018年4月25日付 中外日報(訃報)

菅原栄光氏(栃木県日光市・天台宗日光山輪王寺前門跡) 17日死去。94歳。通夜は22日、葬儀は23日、日光市山内2300の日光山輪王寺紫雲閣で、小暮道樹門跡を導師に営まれた。喪主は長男の菅原照光・醫王院(同市)住職。

5月29日午後2時から、紫雲閣で本葬儀を執り行う。

1924年生まれ。大正大文学部卒。輪王寺の教化部長、執事長を経て、2004年に門跡に就任。2期10年務めた。1990年から98年まで宗議会議員。

長年、保護司として更生保護事業に尽力し、日光保護区保護司会長、栃木県保護司会連合会の会長などを歴任。法務大臣表彰や薫五等瑞宝章を受けた。

2月に死去した菅原信海・妙法院門跡前門主とは従兄弟。