ニュース画像
倒壊した浄土真宗本願寺派法城寺の鐘突き堂(むかわ町)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

津元武一郎氏(黒住教元教務総長)

2018年6月6日付 中外日報(訃報)

津元武一郎氏(黒住教元教務総長) 5月31日死去。96歳。葬儀は6月3日に岡山市北区の葬儀場で営まれた。喪主は長男の誠次氏。自宅は同区尾上654-6。

兵庫県南あわじ市の國衙教会所所長を経て、1981年5月に教務総長に就任。教団本部の神道山遷座(74年)後の課題だった神域整備事業に取り組み、現在の境内諸施設を完成させた。3期12年務め、93年5月に退任した。