ニュース画像
二王門(写真奥)を通り吉田執行長の先導で入山式に向かう瀬川門跡
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

竹内長敬氏(天台宗眞正極楽寺〈真如堂〉第54世貫主)

2018年6月27日付 中外日報(訃報)

竹内長敬氏(天台宗眞正極楽寺〈真如堂〉第54世貫主) 24日死去。90歳。葬儀は27日午後1時から京都市左京区浄土寺真如町82の真如堂で。喪主は現貫主(55世)の奥村慶淳氏。

1928年、千葉県長南町の長福壽寺に生まれた。51年に京都大文学部哲学科を卒業後、真如堂塔頭の吉祥院第11世住職。2008年に真如堂第54世貫主に就任。16年に貫主を辞し、吉祥院名誉住職となった。