ニュース画像
大阿の黒沢門跡(手前)と結願の報告文を奉読する伊勢宗務総長
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

松景昭稔氏(天台宗護浄院名誉住職、元京都教区宗務所長)

2018年9月19日付 中外日報(訃報)

松景昭稔氏(天台宗護浄院名誉住職、元京都教区宗務所長) 7日死去。91歳。葬儀は10日、京都市上京区の護浄院で営まれた。喪主は遺弟の松景崇誓・同院住職。

1928年生まれ。京都師範学校(現京都教育大)卒。京都教区の財務主事や宗務所長、三千院門跡(同市左京区)の執事長を歴任。宗外では35年にわたり京都市立小中学校の教師を務めた。

書道に造詣が深く、経典や伝教大師の教えを題材とした書道展を年に数回開いたことから「墨法心院大僧正昭稔大和尚」の戒名が授けられた。