ニュース画像
初公開の水晶に納められた木造阿弥陀如来像
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

泰圓澄(たいえんちょう)法嗣氏(前真宗出雲路派宗務長)

2018年9月26日付 中外日報(訃報)

泰圓澄(たいえんちょう)法嗣氏(前真宗出雲路派宗務長) 22日死去。74歳。葬儀は25日に福井県越前市国高3-12-49の自坊・長慶寺で営まれた。喪主は長男で同寺副住職の一法氏。

2003~13年の宗会議員を経て13年から今年8月まで宗務長を務めた。