ニュース画像
初公開の水晶に納められた木造阿弥陀如来像
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

大森慈祥氏(辯天宗第2世管長)

2018年10月3日付 中外日報(訃報)

大森慈祥氏(辯天宗第2世管長) 9月20日死去。88歳。密葬は宗団関係者で済ませた。本葬(宗団葬)は10月28日午後1時から、大阪府茨木市西穂積町の辯天宗冥應寺で。葬儀委員長は元衆議院議員の亀井静香氏。喪主は長男の光祥宗務総長。

1930年生まれ。高野山大卒。宗務総長、副管長を経て、88年1月に第2世管長に就任した。奈良県五條市の智辯学園学園長、高野山真言宗十輪寺名誉住職。同市名誉市民。81年7月、紺綬褒章を受けた。