ニュース画像
仏教界における女性の役割やSDGsについて議論するパネリストら
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

塩竃博隆氏(岩手県一関市・曹洞宗龍澤寺住職)

2018年11月2日付 中外日報(訃報)

塩竃博隆氏(岩手県一関市・曹洞宗龍澤寺住職) 10月8日死去。73歳。本葬は2019年4月21日、同市中里沢田17の同寺で予定。遺弟は長男の康隆氏。

1974年、駒澤大大学院(仏教学)博士課程満期修了。大本山總持寺安居を経て、93年から龍澤寺住職。宗議会議員(3期)、出版部長を務めた。

アマゴルファーとしても知られ、東北ゴルフ連盟のコースレート委員長などを務めた。保護司、権大教師。