ニュース画像
御親教する常磐井法主(中央)と復演を担当した栗原鑑学(左)
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

山口祐哉氏(長野市問御所町・曹洞宗栽松院住職)

2019年1月11日付 中外日報(訃報)

山口祐哉氏(長野市問御所町・曹洞宗栽松院住職) 昨年12月26日死去。81歳。本葬は今年5月を予定。遺弟は長男の泰祐副住職。

1936年、長野市生まれ。駒澤大文学部卒。県立高校教諭を経て、栽松院住職に就任。

長く保護司を務めた。墨蹟等に造詣が深く、曹洞宗禅文化の会(旧禅文化洞上墨蹟研究会)の副会長を務めた。