ニュース画像
御親教する常磐井法主(中央)と復演を担当した栗原鑑学(左)
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

羽田専寿氏(元全国青少年教化協議会事務総長)

2019年1月11日付 中外日報(訃報)

羽田専寿氏(元全国青少年教化協議会事務総長) 4日死去。80歳。葬儀は17日午前11時、東京都練馬区谷原6-8-25の自坊・浄土真宗本願寺派寶林寺で、大江義宏・敬覚寺住職の導師により営まれる。喪主は長女の慶子副住職。

1938年、東京都生まれ。東洋大真宗学科卒。23歳で同寺住職となり、ボーイスカウト活動など青少年教育を行った。千代田女学園の事務局長として学校運営に携わったほか、全国青少年教化協議会事務総長を務め、子どもの教育・福祉支援を海外に広げた。