ニュース画像
潮音寺で営んだ平和・慰霊法要
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

浅地康平氏(山喜房佛書林社長)

2019年3月6日付 中外日報(訃報)

浅地康平氏(山喜房佛書林社長)2月28日死去。84歳。通夜は7日午後6時、告別式は8日午前10時、いずれも東京都荒川区町屋1の23の4の町屋斎場で。喪主は長男の直樹氏。

1934年生まれ。52年に富山県から上京して東京大赤門前の仏教学術書専門店・山喜房佛書林に入社、42歳で社長に就任。1年ほど前から膵臓がんで入院治療を繰り返していたが、最後の入院となった2月25日までは店に出ていた。

後継社長には吉山利博氏(67)が就任し、従来通り出版活動を継続していく。