ニュース画像
江川会長を導師に営まれた世界平和祈願法要(大般若転読)
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 時流ワイドリスト> スピリチュアルの世界
時流ワイド

スピリチュアルの世界(2/4ページ)

2013年1月26日付 中外日報

生き方の個人化、霊性との関わりにも 日本の伝統的要素も背景に

若い女性を中心に、スピリチュアルに続きパワースポットがブームとなり、話題の社寺への参詣が増えている。こうした流行現象は、一般の人と宗教を近づける役割も果たすとされるが、表面的な接し方への批判もある。ブームの現場を訪ねてみると、真剣な信仰というより霊的なものを楽しんでいる人たちの姿があった。その根底に流れるのは日本の伝統的なものだとの指摘もある。(有吉英治、山口健太郎)

スピマ癒やしと助言、軽いノリで楽しむ

「優しさを少し自分に向けてはどうですか」。こんなアドバイスを受けたのは、占い師や霊的セラピストが一堂に会する「スピリチュアル・マーケット」(スピマ)でのことだ。

「癒しの見本市」と銘打つスピマは、スピリチュアル関係の仕事をする人たちが出展する展示会。運勢鑑定や精神的癒やしの腕を披露したり、グッズを紹介する。全国各地で年に数十回開催されている。

東京・両国で昨年に開かれた「東京スピマ」を訪ねた。入場料1500円を払って入ると、会場は結婚式場くらいのホールが3部屋。全部で70のブースがあり、リーディング(霊能による情報伝達)やヒーリング(精神的癒やし)などのメニューと、10分1500円といった料金が明示されている。

ざっと見渡すと、半分くらいのブースに客がおり、様子を見ながら歩いている人が数十人。けっこう男性も来ている。若い人から高齢者まで年齢層も幅広い。

入場の際にもらった出展ブース一覧には、「波動ライフカウンセリング(人生相談)」「チャネリング・ヒーリング(霊能による癒やし)」「DNAアクティべーション(DNA活性化)」など、耳慣れないカタカナ語が並んでいる。

よく分からないまま、スピリチュアル・カウンセリングのブースに座ってみた。七つのチャクラ(身体の中枢)から見える映像と、そこから読み取れる情報を伝えてくれるという。

しばらく目を閉じてからカウンセラーは、「海に立つ小屋のようなものが見えました」。それは「オンとオフを切り替える場所を必要としている」ことの表れなのだと教えてくれた。第4チャクラを見てもらっているところでタイマーが鳴り約束の15分は過ぎた。だが延長料金はなくそのまま七つ全部見て、「今は休息が必要。優しさを少し自分にも向けてみてはどうでしょう」とまとめた。

スピリチュアル・カウンセリングは宗教なのかと聞いてみると、「宗教ではなく、"心のメンテナンス"と考えている」と即答。「人によって、信仰で心が安定することもあるし、リーディングや占いなど、それぞれに適したものがあるのでは」と話す。

「セミナー」にも行ってみた。これは会場の一角で、出展者の一人が十数人を相手に話すというもの。この時の講師は、特別な能力を持つという男性だったが、「特別な力があるからといって金持ちになるわけでもない。普通が一番」などと語る口調に扇情的なものはなく、法話会のような雰囲気が漂った。

30歳代の女性来場者は「神社やお寺にもよく行くけど、ゆっくり話をする機会がない。ここではいろんなアドバイスがもらえる」とスピマの魅力を語った。

だが出展者の一人は、以前ほどのにぎわいはなくなったと感じていた。「人気のあるブースには行列ができることもあった。テレビでスピリチュアル番組が放送されていたころが一番多かったかも」と振り返る。

スピマの主催者は取材への回答を断ったが、スピマの前身「スピリチュアル・コンベンション」(スピコン)を始めた、スピリチュアル研究家の小泉義仁氏は「スピリチュアルな能力を磨いていないのにカウンセリングをしている人を排除するのも始めた目的だった」と明かす。

「スピリチュアルというと目新しく聞こえたが、昔と人は変わっていない。かつては伝統宗教の中で行われていた特殊な能力による相談が、スピリチュアル・カウンセリングとして行われている。選択肢が増えただけで、両者は共存し合える」

この日出展されていた70のブースのうち、ほとんどが「リーディング」や「ヒーリング」をうたうもの。写真に写った色から精神状態を判断するオーラ画像が一時話題になったが、今回取り扱っていたのは一つのブースだけ。古典的な手相占いなども少数派だった。

会場を出たところで「DNAアクティべーション」についておしゃべりしていた女性たちに話を聞いてみた。DNAアクティべーションとは、水晶のような石を体に当て、石の霊力で体を活性化させるというもの。「初めてなのでやってもらったら、首筋がぞわぞわした」と何か効果を感じた人もいたが、「体に何か触れてたら、霊力がなくてもぞわぞわするよね」と冷静な判断も。"当たるも八卦"くらいの軽い気持ちで「スピリチュアル」を楽しんでいる。