ニュース画像
叡南覚範門主からおかみそりを受ける参加者
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 連載

近代の肖像600-

(編集局より)本連載では、波乱に満ちた近代を生きた宗教者・思想家たちが危機の時代にどのように立ち向かい、それぞれの信仰を実践していったのかを、専門の研究者にご執筆いただきます。(毎週火・木曜に掲載)

比較文化史家平川祐弘(ひらかわ・すけひろ)=1931年、東京生まれ。東京大大学院比較文学比較文化博士課程修了、文学博士。東京大名誉教授。著書に『小泉八雲―西洋脱出の夢』(サントリー学芸賞)、『ラフカディオ・ハーン―植民地化・キリスト教化・文明開化』(和辻哲郎文化賞)、『アーサー・ウェイリー 『源氏物語』の翻訳者』(日本エッセイスト・クラブ賞)、『西洋人の神道観―日本人のアイデンティティーを求めて』、訳書にダンテ『神曲』(河出文化賞)など多数。

640ラフカディオ・ハーン(1)(H26.02.18)641ラフカディオ・ハーン(2)(H26.02.25)
642ラフカディオ・ハーン(3)(H26.03.04)643ラフカディオ・ハーン(4)(H26.03.06)
644ラフカディオ・ハーン(5)(H26.03.08)645ラフカディオ・ハーン(6)(H26.03.11)

立教大教授前田英樹(まえだ・ひでき)=1951年生まれ。中央大大学院文学研究科博士課程中退。現在、立教大現代心理学部映像身体学科教授。著書に『日本人の信仰心』(筑摩書房)、『保田與重郎を知る』(新学社)、『民俗と民藝』(講談社)、『ベルクソン哲学の遺言』(岩波書店)など。

637保田與重郎(1)(H26.01.16)638保田與重郎(2)(H26.01.21)639保田與重郎(3)(H26.02.13)

北星学園大教授小野有五(おの・ゆうご)=昭和23年、東京都生まれ。東京教育大大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。北海道大大学院地球環境科学研究院教授を経て、現在、同大名誉教授、北星学園大教授。専門は地球生態学、環境地理学、景観生態学。「先住民族サミット・アイヌモシリ2008」共同代表。日本自然保護協会の第1回沼田眞賞、『自然をみつける物語』(岩波書店)で第44回産経児童出版文化賞を受賞。

634知里 幸恵(1)(H25.12.05)635知里 幸恵(2)(H25.12.10)636知里 幸恵(3)(H25.12.17)

早稲田大台湾研究所客員上級研究員春山明哲(はるやま・めいてつ)=1946年、東京都生まれ。東京大大学院工学研究科修士課程修了。国立国会図書館調査及び立法考査局次長・国会分館長・専門調査員、早稲田大台湾研究所客員研究員、台湾・国立政治大台湾史研究所客員教授、日本台湾学会理事長、一橋大非常勤講師などを歴任。専攻は近代日本・台湾関係史、図書館文化史。著書に『近代日本と台湾―霧社事件・植民地統治政策の研究』(藤原書店)、共著に『現代日本の図書館構想』(「金森徳次郎と草創期の国立国会図書館」、勉誠出版)。映画「セデック・バレ」日本語字幕を監修。

631井上伊之助(1)(H25.11.21)632井上伊之助(2)(H25.11.26)633井上伊之助(3)(H25.12.03)

国立広島商船高等専門学校非常勤講師中道豪一氏

628西 晋一郎(1)(H25.10.08)629西 晋一郎(2)(H25.10.22)630西 晋一郎(3)(H25.10.24)

福井県立大教授輪倉一広(わくら・かずひろ)=昭和35年、新潟県生まれ。名古屋大大学院文学研究科博士後期課程(人文学専攻)修了。博士(文学)。現在、福井県立大看護福祉学部教授。専門は福祉思想史。論文に「岩下壮一の救癩思想―指導性とその限界」「カトリック救癩史の一断面―岩下壮一における患者観の形成の視点から」「ふたりの宗教家にみる〈救癩〉の主題化と倫理」など。

625岩下 壮一(1)(H25.09.03)626岩下 壮一(2)(H25.09.10)627岩下 壮一(3)(H25.09.24)

国立広島商船高等専門学校非常勤講師中道豪一(なかみち・ごういち)=昭和53年、広島県生まれ。國學院大大学院文学研究科神道学・宗教学専攻博士課程後期単位取得満期退学。博士(神道学)。國學院大研究開発推進機構特別研究員、神奈川大勤務を経て現職。専攻は神道教育。論文に「西晋一郎の神道教育」「河野省三の神道教育」「筧克彦の神道教育―その基礎的研究と再評価への試み」など。

622筧 克彦(1)(H25.08.20)623筧 克彦(2)(H25.08.27)624筧 克彦(3)(H25.08.29)

曹洞宗善寳寺住職五十嵐卓三氏

618弟子丸泰仙(1)(H25.06.25)619弟子丸泰仙(2)(H25.07.11)620弟子丸泰仙(3)(H25.07.25)
621弟子丸泰仙(4)(H25.08.08)

宗教思想史家笠原芳光氏

614夏目 漱石(1)(H25.05.14)615夏目 漱石(2)(H25.05.23)
616芥川龍之介(1)(H25.05.28)617芥川龍之介(2)(H25.06.04)

白百合女子大教授井上隆史氏

611野間 宏(1)(H25.05.02)612野間 宏(2)(H25.05.07)613野間 宏(3)(H25.05.09)

國學院大准教授齊藤智朗(さいとう・ともお)=昭和47年、東京都生まれ。國學院大大学院文学研究科神道学専攻博士課程後期修了。博士(宗教学)。専攻は、宗教学、近代神道史、近代日本宗教史。現在、國學院大研究開発推進機構准教授。著書に『井上毅と宗教―明治国家形成と世俗主義』(弘文堂)、共著に『日本神道史』(岡田莊司編、吉川弘文館)、論文に「高山昇と皇典講究所」など。

608高山昇(1)(H25.04.11)609高山昇(2)(H25.04.23)610高山昇(3)(H25.04.25)

九州大准教授高瀬正仁(たかせ・まさひと)=昭和26年、群馬県生まれ。博士(理学)。現在、九州大大学院マス・フォア・インダストリ研究所准教授。歌誌『風日』同人。著書に『評伝岡潔―星の章』『評伝岡潔―花の章』『岡潔―数学の詩人』『高木貞治―近代日本数学の父』『ガウスの数論―わたしのガウス』など。平成21年、日本数学会出版賞受賞。

604潔(1)(H25.03.26)605潔(2)(H25.03.30)606潔(3)(H25.04.04)
607潔(4)(H25.04.06)

淑徳短期大学長石上善應(いしがみ・ぜんのう)=昭和4年、北海道生まれ。大正大大学院文学研究科仏教学修士課程修了。大正大教授、韓国東国大碩座教授、浄土宗総合研究所所長などを歴任し、現在、淑徳短期大学長、大正大名誉教授。著書に『東の智慧西の智慧』(筑摩書房)、『往生要集』(NHKライブラリー)、『選択本願念仏集』(ちくま学芸文庫)など。

600友松圓諦(1)(H25.02.28)601友松圓諦(2)(H25.03.05)602友松圓諦(3)(H25.03.07)
603友松圓諦(4)(H25.03.19)