ニュース画像
仮安置された日蓮聖人大銅像胸像
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 深層ワイドリスト> 赤ちゃんポストを関西に 「いのち守る」取り組み広がる

赤ちゃんポストを関西に 「いのち守る」取り組み広がる(5/6ページ)

2016年7月27日付 中外日報(深層ワイド)

熊本の「ゆりかご」開設10年目 4割は九州 預け入れ累計125人に

熊本市西区・慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」は2007年5月10日に開設された。スタッフは24時間態勢で勤務し、赤ちゃんが預けられると看護師と医師が駆け付け、健康チェックとともに、児童相談所、警察に届けられる。

20日現在の預け入れの累計は125人。親の居住地は北海道から沖縄まで全国に及び、4割前後が九州から。15年度に初めて海外からの預け入れがあった。

14年9月の熊本市の第3期検証報告書によると、同年3月までに預けられた101人中、乳児院等施設への委託は30人、里親への委託は19人、親・家庭への引き取りは18人、特別養子縁組は32人、死亡2人となっている。