ニュース画像
笏を宗道氏(左)に手渡す宗晴氏
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

弟子丸泰仙老師ヨーロッパ布教50年に寄せて

曹洞宗大乘寺山主 東隆眞氏

2017年3月31日付 中外日報(論)

あずま・りゅうしん氏=1935年、京都府生まれ。曹洞宗大本山總持寺専門僧堂掛錫。駒澤大大学院人文科学研究科仏教学専攻修士課程修了。元駒沢女子大学長。文学博士。大乘寺専門僧堂堂長、師家。著書に『道元小事典』『太祖瑩山禅師』『曹洞宗』『日本の仏教とイスラーム』『禅と女性たち』など。

弟子丸泰仙老師は1982(昭和57)年4月30日午前5時23分、横浜市立市民病院で、急性腎不全(尿毒症ともいう)のため遷化した。享年67歳。私はその前夜遅く、東京大教授の森本和夫氏と老師を病床にお見舞いしたばかりであった。「中外日報」(同年5月5日号)は、関連記事に1ページを割いて報じている。

今年5月には、老師がヨーロッパに布教して50年を記念する行事が行われるとのことで、私のもとにも曹洞宗宗務庁(教化部国際課)から案内状が届いている。私は健康上の問題がない限り、出席する予定。いま、日本で生前の老師と直接に交流した現存の宗侶は、山形県・善宝寺住職の五十嵐卓三老師など、十指に満たないであろう。

弟子丸老師応援団長を自認

私は、当時、未見の弟子丸老師の動向に注目した。80(昭和55)年ごろ、率直な感想を、当時の「中外日報」に投じた。

老師は、それを『日本人に“喝”』(徳間書店)、『セルフ・コントロールと禅』(池見酉次郎氏と共著。NHKブックス)に取り上げ、この2書の贈呈を受けた。

それ以来、老師は私に手紙や著書をたびたび寄こされ、そして、お会いすることとなった。81(昭和56)年6月29日、東京・南麻布の臨済宗妙心寺派の光林寺に拝登し、外出中の老師と待ち合わせて、初相見の礼を執った。また、パリで参禅した森本和夫氏は帰国後、老師から私に会いなさいという憶え書きの名刺を差し出された。

老師は何度か帰国し、そのたびに連絡を受けて、お会いした。そして、信者の水上賀映子さんや伊藤維朗氏とともに、老師の帰国歓迎会を催し、講演会を行い、機関紙を発行し、毎週土曜日の参禅会を開き、あるいは献金した。私は、自称弟子丸泰仙老師応援団長を以て任じていたのである。

近しい人たちからの非難

というのも老師は、ある宗門の要路にある人々から、けなされ、苛められていると感じ取ったからである。けだし誰でも、欠点や失敗はあるだろう。が、直接、老師の状況を聞いた私は、持ち前の感情が爆発して、義憤と化し、時にはその場で、失礼ながら、宗務庁の教化部長に直接電話して、実情を報告し、さいわい聞き入れられたということもあった。

ひとり異国にあって、血の出るような命懸けの苦労をして、前代未聞の実績をもたらしている大活躍の老師に対して、近しいはずの人ほど悪口を繰り返し、足をひっぱり、蹴とばすばかり。足りないところを補い、誤りを正し、後押しをすることがなかったのである。

しかし、老師は微動だにしなかった。老師は言う。「私にとって、過去十何年間、ヨーロッパ開教中、いくたの困難、苦境にさらされ、敵もできた。(中略)ヨーロッパの方からでなく、日本から、それも身内から、それこそ宗門の坊さんがいちばんヤキモチをやく」と。

こうした日本曹洞宗のある一群の学者たち、老師たちに対して、寸毫の期待も持つことをしなくなったのである。いまさら言うまでもなく、老師の側近の方々は、よくその辺の実情をご存知であろう。

私が2013(平成25)年、「世界禅センター」を立ち上げて、微力ながらつとめているのは、同学の黒田武志老師、その実兄の前角博雄老師の実績を承知しているからにほかならないが、いま弟子丸老師の影響、迫力も感じないわけにはいかないのである。

そもそも、老師は、1965(昭和40)年、遷化直前の澤木興道老師の得度を受けて弟子となった。澤木老師の家風は、悟りの体験を否定した只管打坐に尽きる。澤木老師の遺した坐布、袈裟、法衣を着けて、67(昭和42)年7月、単身シベリアを経由してフランスに到着した。渡仏にあたって、松永安左衛門、原安三郎をはじめ、財界人の援助を受けたという。

そして、十二、三年の間に30万人を超え、常時、十数万人が参禅するに至るという「弟子丸ブーム」を巻き起こした。

フランスに赴いた直接の動機は何か

老師によれば、50歳を過ぎて出家した実業家弟子丸泰雄が、恩師である澤木老師の遺志を継承して、活力を失った日本仏教の現状に絶望し、仏教ないし坐禅を求めているヨーロッパに直接赴いて、坐禅に励みたいという点にあった。

そこで、現在のヨーロッパ文明の特徴、利己主義、知育偏重を指摘し、ヨーロッパ、全人類を救済する運動を掲げた。同時に日本仏教の現状とくに直接かかわっている僧侶の現実を厳しく批判した。そして、禅の本場は日本からヨーロッパに移るであろうとまで記している。実は私も、この点は、まったく同感で、至るところで、その点を話し、書いてきている。

こうして始まった老師の「ヨーロッパ禅協会」は、ヨーロッパばかりではなく、アフリカのモロッコ、アルジェリア、南アフリカ、カナダのケベック地方、ラテン・アメリカのフランス語圏に拡大していった、と記している。

さて、また老師は「誓願」を持つことを強調した。

ひとくちでいえば「誓願」とは、人生に対する、しっかりした目標、理想、生きがいである。仏教の僧侶は、いまや社会事業、福祉事業などキリスト教のまねをして慈善事業にうつつをぬかしている場合ではないと、老師はいう。

また、現代の青年諸君は「人間存在の原点にたちもどって、その最終、最高の使命をみいだし、それを目標に、諸君は現実の与えられた職場を修養の道場として、一歩一歩遠い未来にのしかかっていってもらいたい」という。

これは老師の誓願であったであろうし、いま、私自身の誓願であらねばならない。深く心に秘めたこの思いこそ、仏教者の生きる根源であらねばならない。

いま、弟子丸老師の門流たちは、全ヨーロッパに教化の網を張っている。今後、一層の協力体勢を固めて、仏仏祖祖正伝の正法を展開していっていただく誓願を新たにしていただきたい。

※弟子丸泰仙老師 1914(大正3)年、佐賀県に生まれる。横浜専門学校(現神奈川大)卒。森永製菓、三菱鉱業、スマトラ鉱山開発、松永安左衛門の秘書、アジア協会常務理事などを務め、また臨済宗の鎌倉円覚寺・朝比奈宗源老師、主として曹洞宗の澤木興道老師に師事。後に山田霊林禅師(アメリカの開教総監部総監。駒澤大総長、大本山永平寺貫首)に嗣法した。長野県・清久寺住職。巴里山仏国寺などを開創。全ヨーロッパに開教道場63カ所開設、信者三十余万を数えたという。ヨーロッパ禅協会設立。フランス国際仏教研究所副所長。大乗仏教研究所所長ほか。著書多数。しかし、弟子丸老師の伝記はまだ無い。