ニュース画像
札所山主の総出仕のもと、十一面観音の宝前に表白を捧げる田代化主(中央奥)、徳道上人の御影を前にした鷲尾会長(左)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

雑司ヶ谷鬼子母神堂が国重文に指定 ― 熱烈な郷土愛に支えられ

立正大名誉教授 渡邊寶陽氏

2017年9月20日付 中外日報(論)

わたなべ・ほうよう氏=1933年、東京都生まれ。立正大大学院文学研究科仏教学専攻博士課程修了。文学博士。同大教授、学長、日蓮宗勧学院長などを歴任。2011年に瑞宝中綬章を受章。著書に『日蓮宗信行論の研究』『法華経・久遠の救い』『日蓮仏教論―その基調をなすもの』など。

昨年(平成28年)7月25日、東京都豊島区・法明寺の「雑司ヶ谷鬼子母神堂」が文部科学大臣から重要文化財指定を受けた。秋には「開堂350年・重要文化財指定記念報告会」が、小池百合子都知事も出席して盛大に行われた。

それを記念して刊行されたのが、法明寺の編になる『開堂三百五十年・重要文化財指定記念 雑司ヶ谷鬼子母神堂』である。A4判100ページ余に《図版篇》として堂宇内外のカラー写真を配し、200ページ余に《解説篇》《論考篇》をあてている。

江戸庶民の憩いの場

雑司ヶ谷「鬼子母神堂」は、『鬼平犯科帳』などにも登場するように、江戸庶民の憩いの場所であった。境内には「おせん団子」の茶店があり、ススキの穂でつくった「木菟」(みみずく)が売られ、人びとの心をなごませた。そうしたにぎやかな人の群れに隠れて、明治初期、上野の戦争を引き起こした彰義隊の烈士が、ひそかに会合した場所であったことが最近明らかにされている。

現在でも周辺の方々が熱心に鬼子母神堂に詣で護持しているというが、「吾が子が健やかに成長しますように」と、幼子をお弟子にお願いするという風習も盛んに行われたと聞く。であればこそ、今も毎年のお会式(日蓮聖人御入滅の記念日)に、万灯が50グループ以上も大通り(明治通り)をお練りすることが許されているのであろう。万灯行列は日蓮宗信徒による伝統行事だが、最近はかなり減少しているとも聞く。雑司ヶ谷の鬼子母神堂の万灯行列が盛んなのは、先代住職・近江正隆師が、第2次世界大戦後も熱心に信徒の方々と伝統を守り抜いたためだと、現住職・近江正典師は語る。

固い法華信仰を継承

鬼子母神堂の「本殿」は寛文4(1664)年、「拝殿」「相の間」は元禄13(1700)年に造立された。寄進したのは、広島藩第2代藩主・浅野光晟の正室、自昌院英心日妙(満姫)。信仰篤き祖母・寿福院夫人の固い法華信仰を受け継いでの行為であった。

論考篇で、近江正典山主「法明寺と鬼子母神堂」が、鎌倉時代に日蓮聖人の弟子・日源が真言宗の旧跡を日蓮宗に改宗して以来の法明寺の歴史を概説している。池上本門寺・碑文谷法華寺等とともに、不受不施(未信徒の布施を受けない・他宗の僧侶に布施をしない)を唱える日蓮宗寺院は徳川幕府から弾圧を受けた経緯を述べる。

寛文5(1665)年、幕府は土水供養令によって、此の世に生存することも幕府の供養に基づくものという厳しい姿勢で、不受不施派の諸寺に弾圧を加えた。同年12月、法明寺第15世智照院日了(1635~88)も讃岐丸亀に配流となったという。こうした緊張状態の中で建立されたのが鬼子母神堂だった。

すこしくその背景について述べると、自昌院夫人の祖母は、寿福院夫人(1570~1631)である。能登滝谷の妙成寺を菩提所と定めた篤信の人で、当時は幕府と妥協せざるを得ない宗教状況であったが、寿福院は断固として従来からの「不受不施」の信仰を固く守った。自昌院夫人は、そのきびしい祖母のもとで育てられ、わずか4歳のとき書写した「仮名書き一万遍題目」が、今も伝えられている。

自昌院夫人は、寛永12(1635)年、17歳で徳川3代将軍家光の養女として、光晟のもとに嫁し、4男5女を得たという。この間、日蓮宗寺院6箇寺を建立し、伝えられる数々の写経をつづけた。筆者も若い時に血書の写経を拝見した記憶がある。

数多くの信徒の名前

祖母の信仰を守って自昌院夫人は、九州宮崎の地に不受不施僧として流された安国院日講(1626~98)に金品を支援したという。徳川幕府が厳重に不受不施派を禁制しているなかでの、無謀ともいえる信仰行為であった。

逝去する6年前の元禄7(1694)年、75歳の時に、自昌院が孫の広島藩第4代藩主・浅野綱長に託した遺書は、その信仰を知るよるべとなる。

「子孫の末々までも、法華清浄の信心を忘れ給うべからず。されば、世間・仏法共に時々の興廃は世の常なり。祖師清浄の法水濁り、潔白の法義、時にあわず成りぬ。我れ、この時、悲といえども為方なし。上意違背の旨をおそれ、家のため、子孫のためを思うが故に、天台宗の名を借ること、これ内心の信心清浄に修行せんが為なり。しかしながら我が本意にあらず。乞い願わくは、子孫の末にても、法水清浄の法義、御赦免の時節到来候て、早速に我が来たりし日蓮宗に立ち帰り、英心山日通寺を本化弘通(『法華経』の奥義にもとづく日蓮聖人の教えを継承する道)の霊地成り給えるにおいては、何よりの孝行と、満足は限りなし。是れ我が大願にて候なり」

論考篇は、「鬼子母神堂と法華信仰」の筆者である日本女子大学名誉教授・永村真博士の多年におよぶ調査・研究と、多くの研究関係者との共同作業に依るところが大きい。永村博士は、まず『遊歴雑記』により、「寛文八年(一六六八)に鬼子母神堂の境内地二千百坪が『除地』(今日的に言えば境内地)となり、その寺域内の堂宇周辺には、新たな社や奉納の石塔などが林立することになった」ことを述べ、「鬼子母神信仰の高まりとともに増加する参詣者に対応して、土産物の『麦わらの角兵衛獅子』をはじめ『風車』や『川口屋の飴』の土産物が生み出され、元禄年中には江戸の名所に相応しい景観が形作られた」ことなどを紹介している。雑司ヶ谷・鬼子母神の光景が見事に描写されていて、うれしい。

以降、永村博士を中心とする研究が、「庶民信仰の確立」近江美佳、「建築について」上野勝久、「鬼子母神堂の成立と発展」国分真史、「自昌院の生涯にみる鬼子母神堂建立の意義」佐藤妙晃、などなど現役研究陣の諸氏によって綴られている。

図版篇では今に伝わる「鬼子母神堂」の全景が、角度を変えて撮影されており、芸術的観点からの解説が加えられる。驚くのは「法明寺鬼子母神堂彫刻目録」である。時代とともに、鬼子母神信仰者が奉納した鬼子母神像36点に加えて、諸尊の彫像についての調査が刻明に記されている。

鰐口・花瓶・香炉・梵鐘・銭箱・武芳稲荷堂棟札・鏡・仏器膳・経箱など64点の仏具についての詳細な調査記録には、多くの信徒、それも庶民と目される方々の名が見られる。講中など集団での奉納が多いようである。

奉納額は、東京都指定文化財「三人静白拍子」をはじめとする数々の絵馬の写真と調査記録が収録されている。日頃なにげなく見ている「奉納額」をよくみると、それぞれに価値の高い内容を発見するのである。さらにまた、現代に至るまで各界の著名人達が、小さな絵馬を奉納している。本坊の法明寺に参上すると、現代の「絵馬」の息吹に感動するのである。

戦火奇跡的に逃れる

雑司ヶ谷「鬼子母神堂」は、奇跡的に第2次大戦中の焼夷弾爆撃をまぬがれた。本坊の法明寺の諸堂等は、すべて灰燼に帰したのに対して、まことに奇跡的に生き残った。また、法明寺の歴代住職が、戦後の息苦しい風潮のなかで、終始その保存につとめた。それがあってこそ、永村博士による研究への関心も深められたのであろう。

テレビなどで紹介される鬼子母神堂とその周辺の風景は、われわれに楽しみを与えてくれる。だが、このお堂の保存は、豊島区の多くの人びと、殊に雑司ヶ谷地区の人びとの熱烈な郷土愛によって支えられてきたのである。また歴代住職、殊に先代近江正隆師は、戦後の軽薄な風潮のなかでもその意義を深く理解し、お堂の保存と、周辺住民諸氏のゆたかな信仰心を大切にしてきた。

その結果が報われて、雑司ヶ谷「鬼子母神堂」が国の重要文化財に指定されたことを心から喜びたいと思う。