ニュース画像
60周年記念式典で被災地の復興を祈念する各宗派の管長や来賓
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

八坂神社と清水寺の史料集相次ぐ

奈良大教授 河内将芳氏

2017年10月4日付 中外日報(論)

かわうち・まさよし氏=1963年、大阪市生まれ。京都府立大文学部文学科卒。京都大大学院人間・環境学研究科博士課程修了。京都造形芸術大助教授を経て奈良大文学部教授。近著に『絵画史料が語る祇園祭』(淡交社)、『落日の豊臣政権』(吉川弘文館)などがある。

八坂神社と清水寺といえば、京都のなかでも観光客や参拝者の数では他を圧倒する社寺としてよく知られている。近年はそこへ外国人観光客も加わって、平日といえども、人波が押し寄せない日はないというほどの活況を呈している。いっぽう、八坂神社と清水寺といえば、その創建が平安京以前にまでさかのぼるという点において、京都のなかでも群をぬいた由緒を誇る社寺でもある。

その両社寺で大切に伝えられてきた古文書や古記録の一部が、ここ数年のあいだに相次いで史料集として刊行された。筆者もまた、その刊行のお手伝いをさせていただくご縁をえてきたが、ここでは、そのご恩返しも兼ねて、内容について若干の紹介をしていきたいと思う。

八坂神社文書・記録

そこでまず八坂神社(明治時代以前は祇園社という)のほうだが、同社からは、2014年に『新編 八坂神社文書』(臨川書店)、また16年には、『新編 八坂神社記録』(同上)が相次いで刊行された。

八坂神社に伝えられてきた古文書や古記録については、すでに戦前の段階で八坂神社叢書として『八坂神社記録』上巻・下巻が1923年に、また、同じく八坂神社叢書として『八坂神社文書』上・下が39、40年に刊行されている。

さらに、94年には『増補 八坂神社文書』(臨川書店)、2002年には『新修 八坂神社文書 中世篇』(同上)が刊行され、これらの史料集によって、八坂神社の歴史や京都の歴史、あるいはまた祇園祭の歴史について研究が進展をみてきたことはよく知られていよう。

今回刊行された2冊の史料集には、それらに収められてこなかった古文書や古記録が新たに所収されることになったが、まず『新編 八坂神社文書』では、これまでの史料集に収められてこなかった中世の古文書が活字化された点が特筆される。

これで、現在知りうるかぎりの中世の古文書がおおよそすべて活字化されたことになり、中世における八坂神社の歴史研究にさらに寄与することは疑いないからである。とりわけ応仁・文明の乱によって神輿渡御も山鉾巡行もすべて中止となった祇園祭が、それから33年後の明応9(1500)年に再興されたさいに室町幕府の祇園社家奉行の職にあった飯尾清房に関する文書の存在が複数明らかとなったことで、戦国時代の祇園祭再興についての状況もよりくわしくわかっていくことになるであろう。

また、戦前の『八坂神社文書』上・下以来、そのほとんどが収められてこなかった、近世、江戸時代の古文書が大量に活字化された点も重要といえる。もちろん、これでもなおそのすべてが収められたわけではないが、しかしながら、幕末の慶応4(1868)年までの古文書が多数活字化されたことによって、江戸時代の八坂神社のありかたを考えるうえでは欠かすことのできない手がかりがもたらされたといえよう。

これに対して、これまでの史料集には収められてこなかった中世・近世の古記録が所収されたのが、『新編 八坂神社記録』である。なかでも、室町時代、戦国時代の祇園祭山鉾の名を知るのには欠かすことのできない『祇園会山鉾事』という古記録のより原本に近い良質の史料があらためて活字化された点は重要であろう。

これまでの研究で使われてきた『祇園会山鉾事』というのは、江戸時代中期に八坂神社(祇園社)を管轄していた執行の職にあった行快という僧侶が編纂した『祇園社記』のなかに書き写されたものであった。

ところが、今回収められたものと比べてみると、「烏丸と室町間」にあった「ありかり山」(芦刈山)と「北はたけ」(北畠の声聞師)が出していた「さきほく」(鷺鉾)のふたつの山の名が書き落とされていることが明らかとなり、その結果、室町時代の山鉾の数は、従来、58基とされていたものを60基と訂正しなければならないことなども明らかとなったからである。

いっぽう、江戸時代前期に編纂されたと考えられる『祇園本縁雑実記』『祇園社本縁雑録』というふたつの古記録が今回はじめて活字となった点も注目される。先ほどふれた『祇園社記』は、行快が八坂神社(祇園社)伝来の古文書や古記録を編纂しようとして書き写したものであったが、それより先行する事業がすでに行われていたことが明らかとなったからである。

しかも、『祇園本縁雑実記』『祇園社本縁雑録』には、現在は伝わっていない古文書や古記録が書き写されているだけではなく、当時、社内で伝えられていた、さまざまな伝承も書き記されている。今後、中世、そして近世の八坂神社の歴史を考えていくうえでは欠かすことのできない手がかりになっていくことであろう。

清水寺成就院日記

このように、八坂神社で相次いで刊行された史料集は、八坂神社の中世および近世の歴史を新たに明らかにしていくものといえるわけだが、これに対して、清水寺で刊行された史料集は、おもに近世、江戸時代の清水寺成就院と成就院が支配した門前町の様子を明らかにしていくものといえる。

具体的には、2015年に刊行された『清水寺成就院日記』第一巻(法藏館)と16年に刊行された『清水寺成就院日記』第二巻(同上)の2冊がその史料集にあたる。これらはいずれも、江戸時代に成就院につかえていた俗人の役人たちが書きつづってきた日記だが、現在のところ、元禄7(1694)年から幕末の文久4(1864)年までのおよそ170年分が210冊におよぶ冊子として残されている。

今回、刊行されたのはその最初のほうであり、第一巻では、元禄7年から宝永2(1705)年まで、また、第二巻では、宝永3(1706)年から享保5(1720)年までである。今後ひきつづき刊行されていく予定ではあるが、今回刊行された江戸時代中期の記事からも、さまざまな興味深いことがらが読みとれる。

そのすべてを紹介するわけにはいかないが、今回の2冊できわだっていることがらといえば、なんといっても、清水寺本堂舞台からの飛び落ちについてであろう。「清水の舞台から飛び落ちる」といえば、重大な決意を固めるという意味で現在でも通用する言い回しとしてよく知られている。それが実際に江戸時代では行われていたことが、今回の2冊からだけでもかなりくわしく読みとれるのである。

このことは、歴史的な事実として重要であり、また興味深いといえるが、ただ、このような行為がけっして自殺を目的としたものではなく、清水観音への信仰にもとづいたものであったという点が読みとれる点も大事であろう。

人びとは、さまざまな願いをかかえ、そして本堂で7日間の参籠(お籠もり)をしたうえで舞台から飛び落ちた。運がよければ無傷、悪ければ命を落とすこともあったが、飛び落ちたあとの人びとのお世話をしていたのが、実は門前町の人びとであったことも知ることができる。今につながる清水寺と門前町との結びつきが江戸時代にまでさかのぼることも今回刊行された史料集からは明らかになるのである。