ニュース画像
健康長寿・病気平癒の祈願道場として建立された醫王殿(右奥)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

親鸞の往生論への誤解を糺す

大谷大名誉教授 小谷信千代氏

2017年11月24日付 中外日報(論)

おだに・のぶちよ氏=1944年、兵庫県生まれ。75年、京都大大学院修士課程修了。98年から大谷大教授を務め、同名誉教授。著書に『法と行の思想としての仏教』『倶舎論の原典解明 賢聖品』(共著)、『真宗の往生論 親鸞は「現世往生」を説いたか』『虚妄分別とは何か 唯識説における言葉と世界』など。

11月8日付の本紙に京都大名誉教授長谷正當氏の拙著に対する批判が掲載された。それは拙著『真宗の往生論』『誤解された親鸞の往生論』『親鸞の還相回向論』(いずれも法藏館刊)で述べた曽我量深師の「現世往生説」に対して筆者が行った批判に対する反論である。しかし、そこには何ら正当な論拠は示されず、浄土教学と親鸞教学への正当な思索もなく、氏の奇妙なお考えと独断とが見られるのみである。

例えば氏は、「信が決定したことは、信を獲たことである」とされるのに、「往生が決定したことは、往生を得たことではない」とは何とも奇妙な理屈である、と述べておられる。

そう言われる氏のお考えこそ甚だ奇妙である。

氏のお考えは次のようである。「~が決定したことは、~を獲たことである」という理屈が信の場合に成り立つのであれば、それはすべての場合に成り立たなければならない。「~」に「往生」を当てはめてもそれは成り立つべきである。それゆえ「往生が決定したことは、往生を得たこと」であるはずである。にもかかわらず「往生が決定したことは、往生を得たことではない」と小谷は言う。その理屈は奇妙である。

しかし「信が決定したことは、信を獲たことである」とは言えても、「~が決定したことは、~を獲たことである」という理屈が、すべての場合に当てはまるものでないことは、小学生にでもわかる。中学生になれば自転車を買ってもらうことが決定したからといって、小学生はその時にはまだ自転車を得たことにはならない。それと同様に、「信が決定したことは、信を獲たことである」とは言いえても、「往生が決定したことは、往生が得られたことである」とは言えない。また、長谷氏は浄土をわれわれが感得するものとする曽我師の説を上げておられるが、その種の説が「唯心の浄土」と呼ばれ「浄土の真証を貶める」ものとして親鸞によって退けられているのは周知の通りである。

氏が紙上に展開された拙著への論評はすべて、この種の教学に基づかずに恣意的に考えられた、氏独特の理屈を展開されたものに過ぎない。このような奇妙な理屈に反論することは無意味であるが、紙面を与えて下さるとの編集部の折角のご配慮なので、以下に親鸞は往生が得られる時を臨終時と理解しており、曽我師や長谷氏の言われるように現世で得られるとは考えていないことを、論拠を上げて説明したい。そうすれば広く読者の方々に「現世往生説」が如何なるものであり、親鸞の往生理解が如何なるものであるかがご理解いただけるであろうし、そのことが長谷氏の批判を一挙に退けることにもなると考えるからである。

親鸞が現世往生を説いたと主張される場合、その主たる論拠は親鸞の著書『一念多念文意』に出る「即得往生というは、即は、すなわちという、ときをへず、日をもへだてぬなり。また即は、つくという。そのくらいにさだまりつくということばなり。得はうべきことをえたりという。真実信心をうれば、すなわち、無碍光仏の御こころのうちに摂取して、すてたまわざるなり。摂は、おさめたまう、取は、むかえとるともうすなり。おさめとりたまうとき、すなわち、とき・日をもへだてず、正定聚のくらいにつきさだまるを、往生をうとはのたまえるなり」という一文である。

真実の信心得れば往生との誤解恐れ

ここには「正定聚のくらいにつきさだまるを、往生をうとはのたまえるなり」と述べられて、「正定聚の位に就くことが往生を得ることである」と言われているかのように見える。そう見えることが親鸞はそう考えたのだとする誤解を生み出した。その誤解から、親鸞は正定聚の位に就くのを現生におけることと考えるのだから、この一文は往生が現生で得られることを述べたものである、とする誤解が生じ現世往生説が生じたのである。

しかしこの一文が往生を現生において得られることを述べるものでないことは、文中の「正定聚」という語に親鸞が「おうじょうすべきみとさだまる」という注をつけていることによって明らかである。つまりこれは、経の「即ち往生を得る」(即得往生)という語は、文字通りに「ただちに往生を得る」ことを意味するのではなく、正定聚の位に就くこと、「往生すべき身と定まること」を意味することを述べた文章である。

それゆえこの一文は、経の「即得往生」の語を文字通りに「真実の信心を得れば直ちに往生が得られる」と誤解されることを懸念して、そう誤解してはならないと注意した文章である。にもかかわらずその注意を理解せずに、文字通りに真実の信心が得られれば直ちに往生が得られることを意味する語と誤解したために、「現世往生説」という親鸞の懸念した謬説が生じ、現在にまでその禍根を残したのである。しかしその謬説が生じたのには成就文そのものにも原因の一端がある。

問題の「即得往生」の語は『無量寿経』第十八願の成就文に「あらゆる衆生、その名号を聞きて、信心歓喜せんこと乃至一念せん。至心に回向したまえり。かの国に生まれんと願ずれば、即ち往生を得、不退転に住せん」と説かれる中に出る。この成就文には「信心歓喜して浄土に生まれたいと願えば即ち往生を得る(即得往生)」と説かれて、往生を願うその時につまり現世で往生が得られることが説かれているように見える。それゆえ、親鸞はそう見てはならないと考えて『一念多念文意』に上記の文章を記したものと考えられる。以下に筆者がそう考える根拠を示す。

「即得往生」は浄土経典にほとんど出てこない語である。康僧鎧訳の『無量寿経』に一度、その異訳である法賢訳の『荘厳経』に二度、『観無量寿経』に六度、羅什訳の『阿弥陀経』に一度現れる。そしてそれらの場合「即得往生」は必ず命が終わる時のこととされている。往生が臨終の時であることを明確に述べていないのは、康僧鎧訳『無量寿経』第十八願成就文にただ一度だけ現れる、いま問題にしている「即得往生」の語だけである。

しかしその場合も、この成就文に相当する、親鸞が『教行信証』行巻に引文する『悲華経』には、往生は命終後であることが明言されている。したがって「即得往生」は臨終時の事と考えるのが浄土経典の通常の領解である。親鸞はそのことを知ったうえで、康僧鎧訳『無量寿経』の成就文に現れる、異例の「即得往生」の語の意味を考察し、その結果を述べたものが前掲の『一念多念文意』の文章である。

聖者を対象として現生で正覚を得て彼岸の仏国に至る法を説く聖道門の経典とは異なり、現生では正覚を得ることができず仏国に至ることのできない凡夫を対象とする浄土経典においては、臨終時に浄土に往生することが正覚を得る必須の条件とされている。「即得往生」の語が前記のように浄土経典のほとんどの場合において臨終の時の事として説かれることからしてもそう判断される。それゆえ親鸞は、凡夫が浄土に往生するために現生で往生すべき身となること、つまり正定聚の位に就けることを何とかして論証できないかと考えたのである。

後世宗主も認める親鸞独自の読み方

正定聚の位は『無量寿経』では臨終時に往生して得られると説かれる。それを現生に移行させることは尋常ならざる行為である。親鸞はそれを『浄土論註』の語を破格な読み替えを行うことによって敢行した。

それを敢行するに当たって親鸞は、本来非常に高い菩薩行の位である第八地において得られるとされていた正定聚(不退転)の位が、龍樹の『十住毘婆舎論』において已に初地にまで移行されていたという思想史的な変遷をも考慮に入れて確信を以て実行したと考えられる。親鸞が読み替えたことは覚如・存覚・蓮如の書にも言及され、江戸期の東本願寺の学匠、香月院はその読み替えを「今家一流御相伝の窺い様」と述べて親鸞独自の読み方であることを認めている。

もし親鸞が往生を現生で得られるものと考えていたとすれば、『無量寿経』には正定聚は往生して得られると説かれているのであるから、往生が現生で得られるのであれば正定聚も現生で得られる、と考えたはずである。そうであれば親鸞は、敢えて破格な読み替えをする危険を犯してまで、正定聚を現生に移行させることを試みる必要はなかったのである。

それに「現生往生」も「現生正定聚」と同様、浄土教本来の臨終往生の経説と矛盾するものなので、それを主張しようとすればその根拠を明示しなければならない。「現生正定聚」を証明するために読み替えを試みたのと同様に、「現生往生」を証明する試みがどこかに見られ、またそれを試みたことを述べる伝承がどこかに残っていなければならない。その試みも伝承もどこにも残っていない。それらが残っていないことが、親鸞が往生を現生で得られるとは考えていなかったことをはっきりと示している。

以上述べたことからしても曽我師の「現世往生説」及び長谷氏の往生理解が破綻していることは明らかである。