ニュース画像
敬白文を読み上げ決意を示す菅管長
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

大理崇聖寺フォーラムに参加して

臨済宗妙心寺派平田寺先住職・常葉学園大名誉教授 竹中智泰氏

2018年1月19日付 中外日報(論)

たけなか・ちたい氏=1945年、静岡県生まれ。京都大大学院文学研究科(インド哲学)博士課程修了。常葉学園大名誉教授、臨済宗妙心寺派平田寺先住職、同派布教師。日本印度学仏教学会賞受賞(84年)。著書に『禅宗の陀羅尼』(共著、大東出版社)、『岩波講座・東洋思想』第7巻「インド思想」(共著、岩波書店)、『仏教名言辞典』(共著、東京書籍)、『異文化コミュニケーション事典』(共著、春風社)他。

昨年9月22日より24日まで、妙心寺山内霊雲院ご住職則竹秀南老大師の名代として中国・大理崇聖寺のフォーラムに参加した。老大師から電話を頂き、「雲南省」の響きに誘われて軽い気持ちで承諾してしまったのだが、蓋を開けてみたら責任重大なフォーラム参加だった。開催地は「大理石」の名称の由来となった雲南省大理。文字通り風光明媚なところで、4千メートル近い蒼山が聳え、周囲を連山に囲まれて洱海が横たわっている。かつて数度訪問した中国では味わえなかった青空が秋の空気を吐き出している……。

「二〇一七崇聖寺フォーラム」と銘打ったこのフォーラムは、雲南省仏教協会、東南アジア・東アジア仏教文化交流センター、ならびに崇聖寺の共同主催。参加国は全世界から26カ国、全参加者は仏教者・学者他を合わせて約300人、研究発表者約100人という壮大な規模で催された。

22日、大理空港に到着すると、そのまま空港のVIPルームに案内され、フリーパスで専用車に乗り込みフォーラム会場の大理国際ホテルに直行。そこで崇聖寺住持の崇化法師と会見し、ご挨拶(会見)と記念品(土産)の交換。会見の順番は私が第一番であった。日本人僧侶が私一人だったこともあり、フォーラム中大変丁重なもてなしを受け恐縮するばかりであったが、すべて「中日友好使者」の称号(日本の仏教界では4人のみ)を持つ則竹老大師のご威光によるものである。日中友好に尽力されてきた老大師のご功績に改めて頭の下がる思いがした次第である。

フォーラム開幕式と研究発表

23日午前中には、小雨の中、フォーラムの開幕式が崇聖寺大雄宝殿前の大広場で行われた。崇聖寺は蒼山を背にし、洱海を望む小高いところにある。七堂伽藍の整った荘厳なたたずまいは穏やかながら、威風堂々とした趣。

住持崇化法師の挨拶に始まり、中国国歌、来賓の挨拶のあと、南方仏教(テーラヴァーダ)系僧侶、チベット仏教系僧侶、中国(漢)仏教系僧侶に分かれてそれぞれの仕方で世界平和祈祷法会が執り行われた。参列者は檀信徒を入れて数百人に及んだ。

同日午後はホテルに戻り、研究発表に先立ってこのフォーラムの趣旨説明等があり、その後翌日午後まで各分科会に分かれて研究発表が行われた。このフォーラムの主題テーマは「一帯一路を繋ぐ心と絆」、サブテーマは以下の三つである。(一)グローバル化での仏教と仏教研究(二)シルクロードと仏教について(三)人間仏教と調和のとれた社会について。

私はこのうちから(二)を選び、「シルクロードが日本にもたらしたもの~般若心経の宗教的文化的意義」と題して発表した。趣旨だけ述べれば、①日本(奈良)がシルクロードの最終着点であること②般若心経の最も古いサンスクリット写本は日本(法隆寺、現在は東京国立博物館)にあること③日本で般若心経が好まれた理由は潤色付加された「度一切苦厄」にあること④般若心経の最重要語は「心無罣礙」であること⑤般若心経をはじめとして「空」の思想ならびにその実践が日本の文化や芸道に影響を与えた事例――などについての論究である。そのうち特に②は聴衆には新知見であったようで、発表後何人かの研究者から質問を受けた。

四僧塔参拝

24日午後、崇化法師の特別の計らいで専用車を用意していただき、分科会の合間をぬって四僧塔へ参拝した。四僧塔参拝は大理を訪れる第二の目的であったから、このご配慮はありがたかった。四僧塔とは、明代初め、政変に巻き込まれた日本人留学僧4人がこの地に流され没したとされるが、その僧たちを大理の白(ペー)族の人びとが手厚く葬り建てた供養塔で、以後600年にわたり現在まで供養し続けている。ありがたいことである。塔は、人気テレビドラマ「天龍八部」の撮影に使われた天龍八部影視城という映画村の中にあり、高さ約6メートル、幅約3メートルの縦長のドーム状で塔上には雑草が生えているものの、当時のままの姿をとどめている。

映画村の入り口近くに車を止め、ドラマで使用された建物が幾つも並んでいる中を徒歩で約20分、映画村の一角にひっそりと佇む供養塔に到着する。故高倉健が整備のため1万ドルを寄付した話は有名で、いろいろな寄付金で賄われているのであろうか、きれいに整備された周囲には日本建築を思わせる建物も建てられていた。通訳の任さん、ボランティア学生の楊さん、運転手君に参列してもらって、私は袈裟を着け、焼香三拝して『大悲呪』一巻を読誦し、回向を唱えた。ささやかな供養であったが、供養を終えたあとは大理の空のように心が澄みわたり、しばし法悦を味わうことができたのはかけがえのない経験だった。

現代中国と仏教

フォーラム中によく耳にしたのは「人間仏教」(Humanistic Buddhism)というキャッチフレーズだった。今中国は国を挙げて仏教の興隆を行っている。それは各地の有名寺院の伽藍復興というハード面のみならず、人間の内面にむけて仏教思想の重要性を説くソフト面での政策にも及んでいる。このフォーラムもその一例である。真の狙いがどこにあるのかはまだ定かに理解できないが、人間性や人間の心の向上を国がリードして行っているという印象は強い。おそらく十数億という国民を抱える巨大国家をまとめていくために仏教思想が最も有効であるということではないかと思う。社会主義と宗教の共存ということが可能か否かは筆者の関心事ではない。「人が真に人として生きていく」ために仏教思想が求められるならば、一仏教者として大いにこれに賛意を表するものである。宗教に疎くなっているといわれる我が国もこの点では見習うものが多くあるのではないかと思う。