ニュース画像
横田管長の大導師で営まれた半斎法要
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

春日曼荼羅と春日講

奈良国立博物館学芸部研究員 清水健氏

2018年3月9日付 中外日報(論)

しみず・けん氏=1973年、岐阜県生まれ。東北大大学院博士課程単位取得満期退学。奈良国立博物館学芸部工芸考古室長。専門は仏教美術史、工芸史。担当した主な展覧会に「特別陳列 おん祭と春日信仰の美術」「特別展 西国三十三所―観音霊場の祈りと美―」。論文に「奈良国立博物館蔵春日龍珠箱雑攷―内箱蓋表・蓋裏の図様をめぐって―」(『論集・東洋日本美術史と現場』、竹林舎)など。

春日講は、春日権現を讃歎供養する『春日講式』という詞章を詠み上げ、その神徳を讃え、報恩感謝する法会を行う講のことである。今も「奈良町」と称される奈良市内の古い町並みでは、この法会を年に1度開くところが残っているが、かつては各町内の会所と呼ばれる集会所に住人が集まり、盛んに行われたそうである。法会は春日権現を礼拝することに加え、講の構成員が一堂に会して、法会の後に共同飲食することで地域的紐帯を強める目的もあり、町内の重要な行事の一つであった。この春日講において礼拝を受ける本尊として祀られたものの一つが、いわゆる春日曼荼羅である。

春日曼荼羅とは、春日神やその本地仏、あるいは春日社の景観などを表した礼拝画の総称で、今日の美術史研究では、春日神を本地仏の姿で表した「春日本地仏曼荼羅」、垂迹神と本地仏の両方の姿で表した「春日本迹曼荼羅」、春日社の景観を中心とする「春日宮曼荼羅」、春日社と併せ興福寺の堂塔やそこに安置される仏像を描いた「春日社寺曼荼羅」、神使である鹿を大きく捉えた「春日鹿曼荼羅」など、数種に分類されている。戦後の美術史研究は永らく、こうした曼荼羅の図様による分類や制作年代を比定するための様式的な研究などの、作品そのものを評価し、美術史上に位置づける、基礎的な研究に費やされてきた。1990年代に入ると、美術史にも現代思想の影響を受けた方法論が盛んに採り入れられるようになり、比較的保守的な仏教美術研究においても、こうした試みが行われるようになった。そして今世紀に入ると、インターネットの飛躍的発展や各種のデータベースの構築、歴史史料のフルテキスト化など、研究環境の高度情報化の影響等を受け、仏教美術史研究もデータ化、情報化が進展し、かつての基礎的な研究に対し、メタ美術史ともいえる様相を呈してきた。

殊に特色的なのは、かつては基礎研究にあまり必要とされなかった、副次的情報の重視である。例えば作品の収納箱に記された箱書や、掛け軸の背面に記された表褙書、解体修理の際に掛け軸の軸木から発見される墨書、各種の附属文書などである。以前は作品の調査等に赴いても、作品だけが登場し、箱や附属文書などはお願いしなければ出してもらえず、またお願いしても怪訝な顔をされたりしたものであるが、研究手法の変化から、こうした副次的な情報も作品の様々な側面を考察する上で、重要なものになった。様々な側面とは、例えば制作された経緯や作者、発願者、奉納された場所などの制作環境、作品の機能(使用方法)、今日までの伝来、受容のされ方などである。

こうした動向を反映して、春日曼荼羅の研究にも、新たな視点が注がれてきた。その一つが春日講の本尊画像という視点であり、近年多くの画像が春日講にゆかりのものであることが明らかにされてきた。その成果は、2006年より筆者の勤務する奈良国立博物館で毎年開催されている「特別陳列 おん祭と春日信仰の美術」で一端が披露され、4月14日開幕の創建1250年記念特別展「国宝 春日大社のすべて」でも重要な構成要素となっている。

例えば、奈良県王寺町に鎮座する久度神社に伝わる春日社寺曼荼羅は箱書によれば、本図の制作年代とも大きく齟齬しない室町時代・文明8(1476)年より、大和国広瀬郡久度郷堀内の春日講によって祀られてきたものであり、軸巻留部分には江戸時代・寛政4(1792)年の講衆による修理銘があって、同一の講の本尊として大切にされてきたことがわかる。中世の久度郷については詳しい史料がないが、この辺りは興福寺一乗院方の国民であった片岡氏の支配領域で、春日社・興福寺に仕えた同氏の影響下で、郷民にも春日信仰が根付いていたと推測される。現在、講は消滅し、曼荼羅は在地の神社に移されているが、成立以来一つところに伝えられてきたのは大変貴重である。

また曹洞宗の大本山として著名な横浜市鶴見区の總持寺に現在伝わる春日社寺曼荼羅は、裏書より大和国平田庄岡郷の春日講の本尊として、長禄4(1460)年9月11日に供養されたことが明らかにされている。平田庄岡郷(現在の奈良県香芝市周辺)は、興福寺一乗院の領有する荘園で、春日若宮おん祭で祭礼の執行役である願主人を務めた「大和士」六党のうちの平田党の根拠地であり、当然ながら春日信仰の息づく場所であったと想像される。裏書には17人の郷民の名と住所が記されており、地域史研究にも貴重な材料を提供している。こちらはもともと所在した地を遠く離れ、現在別の大寺の許に移ってはいるが、在地の春日講の本尊であったことが明瞭に知られる点は、他の流転した春日曼荼羅について考察を加える上で指標になり、重要である。

さらに、箱書より江戸時代・慶長10(1605)年には金峯山寺の桜本坊・松之坊の住侶の結んだ春日講の本尊であったとわかる個人蔵春日宮曼荼羅も近年知られるようになったものであり、江戸時代・寛文2(1662)年に東大寺清凉院の僧・実海が買得したことが奥書からわかる奈良・東大寺蔵春日講式や同院の晃海が宝永2(1705)年に奈良・寳山寺に寄進した鹿島立神影図とともに、寺僧の春日信仰を語る作例として注目される。

なお、久度神社本は現在のところ縦96・3センチ、横38・7センチで、總持寺本は縦104・6センチ、横45・0センチ、この他奈良市内の町内で現在も現役の本尊として礼拝されている講の本尊も、縦1メートル前後、横40センチほどの大きさのものが多く、おおよその規格があったようにも思われる。ただし、前述の個人蔵春日宮曼荼羅は縦53・9センチ、横25・9センチの小幅であり、逆に縦183・3センチ、横106・3センチを測る現存する春日曼荼羅中で最大の巨幅である奈良・南市町自治会蔵春日宮曼荼羅や、室町時代には興福寺領・南都七郷の新薬師寺郷に属する南都貝塚中辻郷(現在の奈良市肘塚町・中辻町)の春日講本尊となっていた、縦140・7センチ、横80センチに及ぶ大幅である米国シアトル美術館蔵鹿島立神影図の存在も知られている。恐らく、礼拝される場所や講の経済力など、様々な事情により様々なバリエーションが存在したのも事実であろう。

こうして近年新たな評価がされてきている春日講ゆかりの春日曼荼羅であるが、これに反して春日講の置かれている現状は厳しいものがある。既に講が消滅したところが圧倒的に多く、存続しているところも、住民の変化や高齢化によって講の継続が困難になっている地域がある。また曼荼羅は使用すれば傷んでいくものであり、複製を作成するにしろ、修復するにしろ相応の費用が必要になり、費用の負担も大きな問題となっている。明治39(1906)年に奈良帝室博物館で行われた春日曼荼羅の特別陳列目録によれば、今日知られている以上に、多くの春日講の本尊としての春日曼荼羅が奈良市内の町内に伝わっていたことがわかる。これらのうちの多くは流転して元の文脈を離れ、違う所蔵者の許に収まっていると考えられ、地域のコミュニティーの崩壊が著しく進行する今こそが、講や講に伝わった遺産の維持において、まさに正念場といえる。

近年こうした宗教的所産は、「もの」としての「文化財」から、造形だけでなく思想や民俗、人々の祈りや願いの伝承も含めた「遺産」として捉えられるようになってきている。これらの貴重な遺産が、皮肉にも「過去の遺物」となってしまうのは寂しい限りであり、今後さらなる伝承に向けて皆で知恵を出し合うべき時が来ているのではなかろうか。