ニュース画像
江川会長を導師に営まれた世界平和祈願法要(大般若転読)
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

ブッダの語るシンプルライフ

大谷大教授 山本和彦氏

2018年8月29日付 中外日報(論)

やまもと・かずひこ氏=1960年、京都市生まれ。大谷大文学部卒、インド・プーナ大サンスクリット高等研究所博士課程修了。プーナ大Ph.D、大谷大博士(文学)。大谷大専任講師、アメリカ・ハーバード大客員研究員などを経て、2012年から現職。専門はインド哲学、仏教学。主な著書に『インド新論理学の解脱論』(法藏館)など。
はじめに

ブッダは何を語ったのか。すでによく知られているように、中道、縁起、空、無我、四聖諦、八正道、涅槃などである。それらは、ブッダの時代のヴェーダやウパニシャッドに対抗する思想であった。現実的には在家者が涅槃に至ることは難しい。家族と仕事を捨てて、出家修行者として生きていかねばならないからである。いまの日本でそんな人が一人でもいるだろうか?

日常的なこともブッダは多く語っている。それらは普段の会話のなかから自然に発せられたブッダの言葉であり、健康、食物、知足、人間関係などについてである。その基盤となっているものはシンプルライフである。シンプルライフであれば、在家者でも実現可能である。荷物が少ない方が旅は楽しくなるように、人生でも荷物は少ない方がよい(『ウダーナ・ヴァルガ』)。すべての束縛を離れた人には悩みはない(『ダンマパダ』)。シンプルライフを追求したいという人はいまの日本でもいるにちがいない。

衣食住のうちの衣服と住居について言えば、修行者たちは糞掃衣を着て、森や密林や洞窟に住んでいたようである(『スッタニパータ』)。

健康と食物

健康は病気がないことであり、最高の利得であるとブッダは言う。食物に関しては、健康のためにブッダは過食を戒め、小食を勧めている。食物は身体の維持のためにある。コーサラ国のパセーナディ王は大食していたが、大食を戒めるブッダの詩頌を聞いてから徐々に食事の量を減らし、小食になり身体が健康になった(『サンユッタ・ニカーヤ』)。

ブッダの時代は何を食べていたのだろうか。『スッタニパータ』などの古い経典によれば乳粥、米飯、お供えのお菓子などを食べていたようである。『テーラガーター』のなかでバッディヤ長老は、米飯に浄肉のスープをかけたものを食べたと言っている。カレーライスのようである。飲酒は慎むように言われている。食物に関して「生臭経」というお経がある。稷、ディングラカという植物、チーナカという豆、葉物野菜、根野菜、蔓樹の実をお布施としてもらって食べていた。さらにここでは、ブッダは肉食が生臭なのではないと言う。殺生が生臭であると言う。肉食の是非に関わる議論であるが、いまは深く追求しないことにする。

知足

知足はパーリ語でサントゥッティ、サンスクリットでサントーシャであり、「満足」と和訳されている。「いますでに足りていることを知る」という意味であり、少欲知足を内容とする。

ブッダの時代にはすでに成立していたジャイナ教では食事に関して知足が言われる。ジャイナ教の古い聖典、おそらく紀元前3世紀頃成立した『ウッタラジャーヤー』では「工芸によって生計を立てず、家なく、友なく、感官を征服し、すべての〔束縛〕から解放され、家で寝ることなく、わずか少量を食べ、家を捨てて一人行く、そのような人は比丘である」(山崎守一『沙門ブッダの成立』大蔵出版)と言われている。

ヒンドゥー教の『ヨーガ・スートラ』(300年頃)のなかでは「知足」は、ヨーガ実修に入る前の準備の一つである。準備は不殺生、真実、不盗、梵行、不所有という五つの禁戒と清浄、知足(サントーシャ)、苦行、読誦、自在神祈念という五つの勧戒である。『ヨーガ・スートラ』の註釈書では、知足は「渇愛の滅」である。さらに『バガヴァット・ギーター』(1世紀頃)では「不殺生、平等心、満足、苦行、布施、名誉、不名誉、これらすべてのもののそれぞれの状態は、私(ヴィシュヌ神)からのみ生じるのである」「非難と称賛とを等しく見て、沈黙し、あらゆるものに満足し、住居なく、心が定まっており、信愛ある人、彼は私(ヴィシュヌ神)にとって愛しい人である」と言われている。

ブッダは食物に対して知足を多く語っており、過食を戒めている。つまり腹八分目の推奨である。その理由は三つある。第一に食物は欲望の対象であり、第二に大食は健康を害するからであり、第三に大食は瞑想の敵であるからである。

心は智慧によって満足するのであり、欲望によっては満足しない。知足は衣服やお金に対しても言われている。「たとえ貨幣の雨が降るとしても、欲望が満足することはない」とブッダは言う。

人間関係

人間関係はシンプルライフの要である。『スッタニパータ』第一章「蛇の章」のなかの第三節「犀の角」では、ブッダは犀の角のように独りで歩めと言う。妻子は執着の原因であるので、妻子も父母も捨てよとブッダは言う。在家の生活にはいかに欲望や執着の対象が多いことか。ブッダは在家者に対して、それらをすべて捨てて出家者になるように勧めている。

また『ウダーナ・ヴァルガ』第25章「友」では、悪い友と付き合わず、善い友と付き合えと言われている。この章では、どのような人と友として付き合うべきでないのか、もしくは付き合うべきなのかがテーマとなっているので、在家者に対して語られているようである。ここでの悪人とは信心のない人、ケチな人、二枚舌の人、他人の不幸を喜ぶ人である。善人とは信心のある人、気持ちのよい人、素行のよい人、知識のある人である。さらに、善人はすべての苦しみから逃れられる法(ダルマ)を知っている。

ブッダは在家者に対しては悪人と付き合わず、善人と付き合うように言う。そして、人間関係をすべて断ち切り、出家して修行するように勧める。

四住期

古代インドでは四住期という人生を四つに区分する生き方が理想とされていた。学生期、家住期、林住期、遊行期の四つである。学生期では、学校に行き勉強する。家住期では、仕事と家庭を持ち家族の生活を守る。最初の二つの住期では物質的繁栄が目的である。生きていくための手段を身につけ、飢えないように生活する。

林住期では、仕事と家族を捨てて、人間性、精神性向上のために努力する。家族を捨てるというのは、子から自立するという意味である。家族と暮らしていた大きな家は処分する。仕事は定年し、年金で少欲知足、つまり欲を少なくして、足るを知る生活をする。もう一度、大学へ入学するのもいいかもしれない。小さな別荘で林住するのも、特別養護老人ホームで林住するのもいいかもしれない。役所、病院、スーパーマーケットなどへ徒歩で行ける平坦な市街地の小さなマンションで林住するのが現実的である。小さな庵(マンション)で暮らすので、荷物は処分する。ついでに物欲も捨てる。

遊行期は、解脱を目的とする宗教エリートの道であり、出家修行者の住期である。定住せずに放浪し、瞑想し、煩悩を滅し、苦を滅し、死を待つ。われわれ現代人には無理な住期である。実際には『地球の歩き方』を持って地球を遊行するのもいいかもしれない。古代インドでは寝込んで死ぬという発想がない。いまの日本の高齢者の現状と比べてみると驚くべきことであると同時に、うらやましいことである。

最後の二つの住期では精神的繁栄が目的である。欲望という煩悩を捨てる努力をし、苦を滅する。

まとめ

シンプルライフは簡素な生活(パーリ語サラフカ・ヴゥッティ)のことである。知足、小食、シンプルライフすべてをブッダは次のように言う。「知足、小食、雑用少なく、簡素な生活、感官を欲望に向けず、賢明で、傲慢でなく、他人の家の食物に執着しない」(『スッタニパータ』)、このような人が目的達成者(涅槃者)である。これは出家修行者に対してブッダが語った言葉であるが、在家者にとっても理想とすべき生活である。