ニュース画像
昨年解散した京都市上京区の了徳寺
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

「達磨宗」についての新見解 ― 中世禅の再考≪3≫

鶴見大仏教文化研究所客員研究員 古瀬珠水氏

2018年10月17日付 中外日報(論)

ふるせ・たまみ氏=2011年、国際仏教学大学院大博士課程単位取得。博士(仏教学)。現在、鶴見大仏教文化研究所客員研究員、東京外国語大非常勤講師。主要論文に、「再考―大日房能忍と「達磨宗」―」「『法華問答正義抄』にみられる日本の禅宗文献―『見性成仏義』及び『明心抄』について―」等。臨川書店『中世禅籍叢刊』第十巻「稀覯禅籍集」(2017)において、称名寺蔵『見性成仏論』および『覚性論』の翻刻・解題を担当。

従来「達磨宗」とは鎌倉初期の僧侶、大日房能忍が興した宗派名と考えられてきた。その理由は、いくつかの資料に「(大日房)能忍が達磨宗を弘む」の文言が見られるためである。

例えば、『百錬抄』(1195)には「在京上人能忍等、達磨宗を建立せしむ」とある。また、『聖光上人伝』(1284)には、「昔、大日禅師なる者有り。好んで理論を策め、妙に祖意に契う。遂に文治五年の夏、使を宋国に遣わし法を仏照に請わしむ。【育王山の長老なり】仏照印可し、祖号を賜う。是に於いて禅師、院奏を経て達磨宗を弘む」と記されている。さらに『瑩山紹瑾嗣書之助証』(1306)には「三宝寺の能忍和尚、勅諡深法禅師に授け、釈尊五十一世の祖と為す。(中略)八宗の講者たりと雖も、進めて達磨正宗の初祖と為すを以て宣下を蒙る。これより日本国裏、初めて達磨宗を仰ぐ。其の法東山の覚晏上人に授く」とある。

しかし、前記『百錬抄』の全体の文章は「入唐上人栄西、在京上人能忍等、達磨宗を建立せしむ」とあり、栄西と能忍が達磨宗を弘めたと明記している。つまり「達磨宗」とはいわゆる禅宗のことを指していると考えられる。さらに、前記『聖光上人伝』の後半には「爰に上人、彼の禅室に至り、難じて法門を問う。不断惑の成仏【宗門の意】、『宗鏡録』の三章【標章と問答と引証】、天台宗の三諦【空仮中】、達磨宗五宗【潙仰宗、臨済宗、雲門宗、法眼宗、曹洞宗】等なり」と記されている。

「達磨宗五宗」とは南宗禅を指し、能忍の興した宗派名を指していないことは明らかである。『瑩山紹瑾嗣書之助証』では「(能忍は)初めて達磨宗を仰ぐ。其の法東山の覚晏上人に授く」とあり、「能忍が仰いだ達磨の法を覚妟上人に授く」の意味であり、「達磨宗」とは「達磨の法または教え」と理解するべきで、能忍が興した個別の宗派名とは捉えにくい。

さらに「日蓮遺文」の『教機時国鈔』(1262)には「建仁より已来今まで五十余年の間、大日・仏陀禅宗を弘め、法然・隆寛、浄土宗を興し、実大乗を破して権宗に付き、一切経を捨て教外を立つ」、同、『安国論御勘由来』(1268)には「然るに後鳥羽の院の御宇、建仁年中に法然・大日とて二人の増上慢の者有り。悪鬼其の身に入て国中の上下を狂惑し、代を挙て念仏者と成り、人毎に禅宗に趣く」、同、『開目鈔』(1272)には「建仁年中に法然・大日の二人出来して念仏宗・禅宗を興行す。(中略)大日云く、教外別伝等云云。此両義国土に充満せり」とあり、いずれも「大日=禅宗」と記述している。

また『元亨釈書』(1322)にも「初め己酉の歳、能忍という者有り。宗国の宗門、盛んなりと聞いて、其の徒を遣わして、船に附して育王の仏照光禅師に扣問せしむ。照、異域の信種を憐れんで、慰誘すること甚だ切なり。寄するに法衣、及び賛達磨の像を以てす。忍、光の慰寄に託って謾りに禅宗を唱う」と、「(能)忍は禅宗を唱う」と記されている。さらに、能忍の創建した三宝寺に関わる文書『正法寺所蔵文書』(1218)にも全て「禅宗」と明記している。

筆者は2018年7月7日、名古屋大大学院研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター公開シンポジウムにおいて、「再び「達磨宗」について―『天台一宗超過達磨章』に基づいて―」の題目で発表をした。

叡山文庫蔵『天台一宗超過達磨章』(13~14世紀)は、第百代天台座主良助法親王(1268~1318)の著作とされる。当資料については、ステファン・リチャ氏が2014年、日本印度学仏教学会において発表された。リチャ氏の説明に依れば、「『天台一宗超過達磨章』は大覚寺で院政を行う後宇多法皇(1267~1324)臨席のもと、良助と三人の禅僧、南浦紹明(1235~1309)、一山一寧(1247~1317)、高峰顕日(1241~1316)の間で起こる論争を想定した、架空の問答を記述する資料」である。

筆者は今回、『天台一宗超過達磨章』における「達磨宗」の呼称に注目したが、枚挙に暇が無いほど「禅宗」のことを「達磨宗」と呼んでいることがわかる。さらに、天台座主良助が臨済禅及び臨済僧(南浦紹明、一山一寧、髙峰顕日)を批判するときに「達磨宗」の呼称を用いている。つまり、「達磨宗」とは能忍が個別に興した宗派名を指しているわけではなく、一般的に天台宗のような伝統仏教側から見た新しい南宗禅を指していることが明らかになった。

さて、ここで問題になるのは、栄西撰『興禅護国論』(1198)における「達磨宗」についてである。『興禅護国論』には「或人妄りに禅宗を称して、名て達磨宗と曰う。しかも自ら云く、行無く修無く、本より煩悩無く、元より是れ菩提。是の故に、事戒を用いず、事行を用いず、只応に偃臥を用うべし。何ぞ労して念仏を修し、舎利を供し、長斎節食せんやと、云々」とある。ここには能忍の名は無いが、栄西と同時期に禅宗を弘めた人物は能忍であることから、「無行無修の堕落した集団が能忍の達磨宗」とされてきた。

筆者は前記の記述の中に「何ぞ労して念仏を修し、舎利を供し、長斎節食せんや」(どうして苦労して念仏・舎利供養・長斎節食などする必要などあろうか)という一言があるため、六祖以下都合6人の禅宗祖師の舎利供養をしていた三宝寺には当たらないと主張してきた。しかし、『天台一宗超過達磨章』における激烈な禅宗批判の表現を見るとき、『興禅護国論』の叙述も必ずしも真実をありのままに表現しているわけではないことがわかるのである。

因みに『天台一宗超過達磨章』における禅宗に対する記述の一部を以下に挙げてみよう。

・「達磨は狂惑の宗なり。天台は正真宗なり。又、達磨は愚痴の宗なり。天台は智者の宗なり。又、達磨は苟も内外の見を生じる宗なり。天台は妙へに教内教外の見を超ゆる宗なり。又、達磨は生死の識の宗なり。天台は生死の識を超ゆる宗なり。又、達磨は外道の典籍を敬ひ、内道の仏法を破する宗なり。天台は外道の典籍を破し、仏法の経論を敬ふ宗なり。又、達磨は国を亡ずる宗なり。天台は国を守る宗なり。又、達磨は地獄に墮る宗なり。天台は果海に遊ぶ宗なり。是の故に達磨宗は瓦礫よりも賤し。天台宗は日月より貴し。」(4丁左―5丁右)
・「予(=良助)、大覚寺の法皇の御前にして此の如く奏しかば、簾外に異朝の補陀落山の長老一山、坂東の那須の長老高峰、鎮西横嶽の方丈南浦と云て盲たる狗有り。面々に耳を驚かし、各々の心を惑はして、或いは嘷(いか)めり。」(5丁右)

以上のように天台宗と禅宗(=達磨宗)を対立的に扱い、天台宗に比べ禅宗は如何に劣った宗派であるかをかなり大げさに述べるのである。

今、『興禅護国論』を読み返すならば、栄西は天台宗の禅宗批判をかわすために天台寄りの態度をとって著している。栄西は最澄将来の北宗禅を中心とした天台禅を認め、禅宗として独立した南宗禅に批判を加えるのである。これは、『天台一宗超過達磨章』の良助と同様の態度である。

しかし、そもそも南宗禅は、天台・真言などの伝統仏教のような修行手法は取らない。南宗禅は元々仏性を持った(または「仏性にある」)衆生が頓悟において見性することを目的とするものであり、天台・真言のような長く複雑な修行や厳しい戒律を取り入れないのである。それを「無行無修の堕落した集団」と言い放つのは、伝統仏教から見た皮肉交じりの表現と捉えるべきであろう。そして、そのような新しく宋朝から伝来した禅宗を卑下して「達磨宗」と呼ぶのも天台宗の慣例であったと推察できる。

以上のように考えれば、『興禅護国論』の前記「達磨宗」に関する記述は、能忍のことを指していると考えても不思議ではない。但し、その記述の内容は極めて穿った見方であり、能忍が自身を「達磨宗」と称していたかもしれないが、それは個別的な宗派名というわけではなく「達磨大師の教えを重んじる」の意味であったと考えられる。