ニュース画像
仏教界における女性の役割やSDGsについて議論するパネリストら
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

黙殺される天皇陛下のメッセージ

成城大教授 外池昇氏

2018年10月31日付 中外日報(論)

といけ・のぼる氏=1957年、東京都生まれ。88年、成城大大学院文学研究科日本常民文化専攻博士(後期)課程単位取得修了。2009年から同大文芸学部教授。著書に『幕末・明治期の陵墓』(吉川弘文館)、『天皇陵の近代史』(同)、『天皇陵論』(新人物往来社)、『天皇陵の誕生』(祥伝社新書)など、論文多数。

改元についての議論が低調である。来年の4月まで平成が続いて5月からが新しい元号になるわけだが、もういくらも時間は残されていない。ことここに至って、この際元号はやめようだの、西暦にそろえようだの、元号と西暦の併記にしようだのといった動向は身の回りにおいても見聞きするようにはなったが、それらはいってみれば、この改元をどのように無事に乗り切るかといった表面的な話ばかりに終始していて、そもそも元号とは何か、といった根本の問題は見過ごされてしまっているように思われる。

以下、来年の4月から5月にかけてなされる改元をめぐる諸点のうち、いくつかを取り上げることにしたい。

改元をめぐる話題の中でしばしば取りざたされるのがコンピューターの問題である。どういうことかというと、一般にコンピューターには1年の間に二つの元号の表示枠は設定されるようにはなっていないというのである。それでは昭和から平成への改元の際にはどうしていたのかとも思うが、これは全くおかしな話なのであって、元号がある限り改元は必ずついてくるものなのである。元号の表示枠をコンピューターに設定しようというのなら、最低二つの表示枠は初めから設けておかなければ使い物になる訳もないことは、元号についての基本的な知識さえあれば必ず理解できることである。

それよりも深刻なのはカレンダーの問題であろう。当然印刷の時期に新元号の発表が間に合う訳もない。このまま推移すれば、来年のカレンダーには元号はおそらくほとんど印刷されることはないと思われる。その理由は少しでも考えれば分かる。来年のカレンダーの印刷、またデザインの決定に与えられた条件は、西暦としては(1年を通じて)2019年、元号としては4月までは平成31年、5月以降はカレンダー印刷時点では不明、年を越えてか越えないでか分からないが、いずれかの時点で新元号の発表という、これ以上はないほど見事にこんがらがったものなのである。

もし少なくとも何らかの形で西暦のみではなく元号もカレンダーに盛り込もうというのならば、4月までの元号は平成であって、5月からの元号はまだ分からない(もちろん実際に5月には新しい元号が定まっている)という難問に対して美しい答えを出さなければならない。この条件にどのくらいのカレンダーデザイナーが正面から立ち向かい、そして立派なカレンダーを仕上げてくれるというのであろうか。年末に店頭に並ぶ来年のカレンダーが西暦一辺倒になるのは、まさに火を見るより明らかと思われるが、さてどうであろうか。

これらの問題の指摘は、『読売新聞』平成30年8月7日付(朝刊)から同月11日付(朝刊)にかけて計5回連載された「迫る改元―現状と課題―」に要領よくまとめられている。ただし「現状と課題」というだけあって、そもそも元号あるいは西暦による年のあらわし方とは何かというような根本的な問題には触れるところはない。

しかし考えてもみれば、今回の改元は平成28年8月8日の天皇陛下のビデオメッセージに端を発するものなのである。そしてそのビデオメッセージは、近代皇室制度における天皇のあり方の根本にまで言及する極めて重い問いを社会一般に投げかけたものではなかったか。この度の改元の源泉がそこにあるのならば、いま社会一般でなされている改元についての動向は、あまりに表面的に過ぎるのではないか。改元・元号から深く近代皇室制度の根本にまで考えが及ぶべきであると思うのであるが、それは誤った考え方なのであろうか。

もちろん、元号なり改元なりというのは単に理念や理想を語るだけで済むような事柄ではない。我が国の社会一般の日々の生活に密着したものである。それらが元号なり改元なりによって妨げられることがあってはならない。

そのことを考えるのに象徴的な例をここで見ることにしよう。新しい元号には、その元号をローマ字表記にした場合にM・T・S・Hから始まるようなものは採用しないであろうということが伝えられている。先に挙げた『読売新聞』の記事にも指摘がある。つまり、Mは明治、Tは大正、Sは昭和、Hは平成の頭文字であるから、便宜のためにはこの四つのアルファベットが先頭に来るような元号は採用しないであろうというのである。もしM・T・S・Hから始まる元号がこの度の改元で採用されたなら、確かに社会一般が混乱することがあるかも知れない。それは避けるべきである。しかし、実際にはM・T・S・Hから始まる年号が採用されるようなこともないであろうと思うのである。そもそも、昭和から平成への改元に際しても、新元号の候補には平成の他にも修文と正化もあったが、このようなアルファベットの問題もあってSから始まる修文や正化ではなく平成が採用されたというのである。

しかし別段、M・T・S・Hから始まるような元号が採用されるかも知れないから、今後は元号を用いるのはやめて西暦を用いようという議論がちまたにあふれているのでもない。むしろ今日の社会一般の改元あるいは新元号についての受け止め方ということで言えば、黙殺にすら近いのであろう。先に挙げたコンピューターの問題にしてもカレンダーの問題にしても、元号を用いるのをやめて専ら西暦によることにすれば万事解決である。別に違法でも何でもない。

同じような改元・元号についての受け止め方を近年の例に求めれば、昭和から平成への改元ということなのであろうけれども、あの時の改元は昭和天皇の崩御によるものであった。全国が自粛に覆われたことが思い起こされる。つまり、あの時の改元はいわば突然になされたことなのであった。それに較べて今回の改元は、先にも触れた通り平成28年8月のビデオメッセージによるものである。つまり、この度天皇が退位するとはいっても、それは天皇自らのご意思によることなのである。いってみれば今回の改元には、自由な立場から改元・元号を議論する条件にはむしろ大いに恵まれているはずなのである。その自由の結果が黙殺に近いものであるとすれば、それはなんとも悲しい。

それにしても新元号はいったいいつ発表されるのであろうか。この頃は代替わりについての話題といっても、何月何日が祝日やら休日やら振り替え休日やらになるの、ならないのという話が多い。それも国民の日々の生活にとって大切なことであるのは確かだが、祝日やら休日やら振り替え休日やらというその頃には、もうすでに新しい元号が始まっているのである。そのことの方がよほど国民の生活に影響が大きいのではなかろうか。それともそんなことはないのであろうか。

引き続き元号を使い続けろと言っているのではない。これまでとは全く異なった前提による改元である。まったく新しい方法に基づく改元である。自由に議論をしてみたらどうだ、と言っているのである。西暦を用いることが全く誤っているとも言わない。西暦には西暦の歴史や政治があり、もちろん文化がある。そしてその西暦が我が国にも及ぼされてきたのについては、それ相応の経緯もあるのである。

しかし、ただ全世界共通に年が数えられればそれでよいのだとか、このままほうっておけば自然に元号は有名無実になるからそれが一番よいのだとかいうことが事実上の黙殺の理由なのであれば、それは間違っていると言いたい。元号がこれまで我が国の長い歴史の中で用いられ続けてきた経緯に思いを致して、自由に議論をしてみてはどうかと言いたいのである。

繰り返すようであるが、年月の積み重ねというのは、ただ年の順番が分かって誰にでも間違いなく数えることができさえすれば、それでいいというようなものではない。それこそ社会一般に密着しつつ長い年月を経て今日にまで至った、まさに歴史を体現したものなのである。