ニュース画像
「より良い社会づくりにはヒトの特徴を知ることが必要」と説く佐倉教授
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

新出禅資料から見た新しい中世仏教観 ― 中世禅の再考≪12≫

国際日本文化研究センター名誉教授 末木文美士氏

2019年1月25日付 中外日報(論)

すえき・ふみひこ氏=1949年、甲府市生まれ。東京大文学部卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東大文学部助教授、教授、国際日本文化研究センター教授などを経て、現在同センターなどの名誉教授。文学博士。
一、禅宗史から中世仏教史へ

かつては、中世の禅研究はあくまでも禅宗史という枠の中で限定して行われていたが、近年の研究はその枠を超えて大きく発展するようになった。一方で、幅広い中世文化の中で禅の役割を見直すとともに、他方で、急速に解明が進んできた東アジアの交易や文化交流史の中で禅を捉えるという動向が大きく発展した。ちょうどそのような新しい研究動向が形成されつつある時期に、『中世禅籍叢刊』全12巻が刊行されることになった。

『叢刊』は、栄西の真筆書簡や従来知られていなかった著作の写本が名古屋市の真福寺(真言宗智山派)大須文庫から発見されたことを契機に計画され、横浜市の称名寺(真言律宗)所蔵(金沢文庫管理)の写本などをも含めて、日本中世禅に関する資料を集成する方針で進められた。しかし、計画が進む中で次々と新しい発見があり、単なる資料集ではなく、中世禅宗史を書き換えなければならないような重要な文献を数多く収録することができた。それらの成果は、すでに2回のシンポジウムにおいて関係者による発表討論がなされ、そのエッセンスは本紙の連載にも披露されてきた。その成果はさらに、『叢刊』別巻の論文集として出版予定である。

ここでは、これらの成果が、単に禅宗史という分野だけにとどまらず、中世仏教史全体の書き換えを要求する大きな問題を含んでいることを論じてみたい。中世仏教研究では、従来いわゆる鎌倉新仏教中心論が長く常識化されてきた。新仏教対旧仏教という構図で、新仏教が善玉、旧仏教が悪玉視されていた。

黒田俊雄の顕密体制論は、顕密仏教こそが中世仏教の中心だと、従来の見方を大きく転換する画期的なものであったが、その後、再び従来の旧仏教を顕密仏教、新仏教を異端派と呼びかえただけの二項対立図式に逆戻りする傾向が主流となって、それが20世紀終わり頃まで続くことになった。しかし近年、密教研究の進展などによって、さすがにそれでは説明しきれないことが多くなり、どのように全体像を描き出すかが課題となってきた。

二、中世仏教形成の運動と禅宗

12世紀後半から13世紀にかけての仏教を考えるには、運動面と思想面の両方から考える必要がある。まず運動面から見ると、治承4(1180)年の平家による南都焼き討ちに対して、その直後から盛り上がった復興運動が大きな出発点となっている。後白河法皇の指揮下に俊乗房重源が東大寺大勧進職に任ぜられ、大仏再建を合言葉に官民を挙げて、日本中を巻き込んでの大運動となった。東国の源頼朝も積極的に協力し、さらに歌人西行が平泉に赴いたのも奥州藤原氏の援助を求めるためであった。戦乱の後の新秩序の形成と並行して、仏教再興の機運はあらゆるところに沸き上がり、それを集約する形で大仏再建がなされたのである。

後に新仏教と分類されるような栄西や法然もこの運動と密接な関係を持つ。栄西は重源と宋で知り合ったと言い、重源を引き継いで二代目の東大寺大勧進職となっている。真福寺から発見された真蹟書簡はその時期のものである。法然は、重源に請われて、再建途上の東大寺で講義を行っている。このように見るならば、新仏教(異端派)対旧仏教(顕密仏教)という二項対立は全くのフィクションであり、たとえ部分的な対立や抗争があったとしても、仏教界が全体として復興へ向けて巨大なエネルギーを傾注していた時代と見るべきである。ただその際、中心となって活動した僧は、多く貴顕出身の僧位僧官を持つ官僧ではなく、周縁にあって山岳修行などを積んだ僧であった。その意味で、当時の仏教界は官僧による中心的な核と、その周縁に広がる自由な僧という重層的な構造を持っていたということができる。

このことは、栄西や法然が「開宗」したとされる「宗」の問題に関わる。確かに『興禅護国論』では「禅宗」を、『選択本願念仏集』では「浄土宗」を説いている。それが臨済宗と浄土宗の開創とされる。しかし、それを今日的な教団としての「宗」の開創と考えるならば、まったく間違っている。彼らは禅宗(臨済宗ではない)や浄土宗を、これまでの八宗に加えて公認されることを求めているのである。そこで言われる「宗」は理論・実践の組織的な体系ということであり、諸宗を兼学・兼修することは十分に可能である。栄西の禅が密教や律・天台教学などと併修されるのは当然であるし、「専修」を説く法然が戒師として活動したとしても不思議はない。

こう見るならば、能忍の「達磨宗」の問題もおのずと明らかである。能忍が「達磨宗」という名の独立した教団を作ろうとしたということはあり得ない。「達磨宗」は達磨を開祖とする禅宗のことに他ならない。ただ、能忍の集団は宋に由来する特殊な舎利崇拝などを採用し、集団としての結束が強かったということがあって、後世、「達磨宗」が能忍に由来する一派を呼ぶようになった可能性は考えられる。

三、密教理論の深化と禅

以上、実践的な運動面から中世仏教の形成期の状況を検討し、その中での禅宗のあり方を考えてみた。次に理論面を考えてみよう。『中世禅籍叢刊』では、栄西や聖一派など、きわめて密教色の強い文献を多く紹介した。これらは禅宗研究者に大きな戸惑いを与えることになった。栄西の著作は完全に密教のものであり、円爾やその弟子の癡兀大慧の著作もきわめて密教色が強く、従来の禅の理解では到底受け入れがたい内容であった。その位置づけを知るためには、迂遠でも日本の仏教思想の流れを理解しておく必要がある。

平安初期の最澄や空海の理論は、その後の日本仏教を規定するようなスケールの大きいものであったが、必ずしも個の身体に即した実践論ではなかった。それが個の身体に即した実践として展開するのは平安中期の源信(942~1017)あたりからである。それが理論的に確立するのは、覚鑁(1095~1144)の『五輪九字明秘密釈』である。覚鑁は五輪(地・水・火・風・空)の理論をもとに、世界と我と仏の一体化を説き、個の身体に即した即身成仏の実践を理論化し、それを五輪塔によって表した。その一方で、浄土教を摂取して、現世を超えて死者供養や浄土往生をも可能とする理論を構築した。いわば密教を核とした総合的な実践理論を確立したと言える。その総合理論が解体して、実践が分立していくところに、後の禅や念仏の行が成立すると考えられる。

栄西の密教はこのような覚鑁の身体論的密教の系譜を引くもので、とりわけ『隠語集』では、金剛界と胎蔵界の不二を説くのに男女和合の譬喩を用いて説明している。このような性的な言説はしばしば立川流として邪教扱いされ、栄西がそのような譬喩を説くことはきわめて奇異とされ、栄西撰述が疑問視されたことさえあった。しかし、今日の研究では、当時の身体論的密教の発展上に、五蔵(心・肝・肺・腎・脾)を観ずる五蔵曼荼羅が形成され、そこからさらに、男女和合から胎児が生育する胎内五位説が大きく展開していることが知られている。実際、円爾の弟子の癡兀大慧の著作にもその理論が明確に記されている。そのような説が邪教視されるのは後のことである。そのような身体論的な密教の発想は、身体的実践を核とする禅に通ずることになる。

栄西の密教でもう一つ重要な点は、『改偏教主決』などで密教教主論の論争を展開していることである。栄西はあくまでも本来の悟りそのものである自性身が説法すると説くのに対して、論争相手の尊賀は、一つレベルを下った自受用身(仏が悟りの境地を自ら享受するあり方)が説法するとしている。この論争は、究極の仏の悟りを人間が理解できるか、という問題に関わり、後の真言宗で大きな論争となる。この問題もまた円爾一派に受け継がれ、禅の不立文字の悟りと密教の究極の仏の世界との優劣が問題とされることになる。このように、教理的面も、当時の密教と禅とは深く関わっているのであり、今後その内的関係をさらに解明していくことが求められている。

(「中世禅の再考」の連載は終わります)