ニュース画像
潮音寺で営んだ平和・慰霊法要
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

「私」が「魔女」になるまで ―「占い/おまじない」の役割とその変容

立教大兼任講師 橋迫瑞穂氏

2019年2月13日付 中外日報(論)

はしさこ・みずほ氏=立教大大学院社会学研究科博士課程後期課程修了。博士(社会学)。専門はジェンダーとスピリチュアリティー。主な論文に「現代日本社会における宗教と暴力:『聖なるもの』と『私』の社会学的考察」「『占い・おまじない』と少女―雑誌『マイバースデイ』の分析から」などがある。新著『占いをまとう少女たち』を刊行予定。

「占い」や「おまじない」は、古来より今日に至るまで、絶えず社会のなかに浸透し、受け継がれてきたものである。しかし、その具体的な現れ方はそれぞれの時代によって異なっている。

例えば、2000年代に入って以後、成人女性を主たる担い手として新たな広がりを見せている今日の「占い/おまじない」の場合、専門の占い師に運勢を鑑定してもらうといった受け身の行動ではなく、女性自身が自ら占星術やタロット占いを学んで実行するという能動的、自発的な行動が見られる。また、布や石の素材を用いたアクセサリーやインテリアなど、実用にも使える「おまじない」グッズを自ら「手づくり」することが人気を集めている。なかには、自分を「魔女」に見立てて、独自の祭壇を作るという大掛かりな実践を行うケースもある。

「占い」や「おまじない」といった俗信はこれまで地域の民間信仰として長く伝承されてきた文化である。ただし、個人的な「手づくり」志向が重視されるようになったのは、1980年代の「占い/おまじない」ブーム以来のことである。

この「論」では、雑誌を媒体として普及した「占い/おまじない」が「手づくり」と結びついたことの意味について、「魔女」のモチーフに注目しつつ考察してみたい。また、「占い」と「おまじない」は切り離しがたく結びついているので、以下では「占い/おまじない」と表記する。

80年代の「占い」「おまじない」と「手づくり」との結びつきにおいて、中心的な役割を担ったのが79年に創刊された少女向けの占い雑誌『マイバースデイ』であった。同誌は「魔女」のモチーフにもとづく、独自の世界観を読者に示してきた。

雑誌『マイバースデイ』は79年に実業之日本社より創刊され、全盛期には約40万人の読者がいたとされている。女子中高生を主な読者層とする同誌は、「占い/おまじない」だけでなく一般的なライフスタイルに関わる記事も重要な部分をなしている。

80年代の「占い/おまじない」についての記事で、中心的な役割を担っていたのが、占い師のルネ・ヴァンダール・ワタナベである。例えば、「素敵なBF(ボーイフレンド)に会える魔法」と題して、「金星の輝く晩にワインを供えて、呪文を唱える」といった技法や聖なる力を身に付けるための「魔法の杖」や「魔法の花園」の作り方を紹介している。しかし、ルネが提案する「占い/おまじない」の「手づくり」は、単に恋愛や友情をめぐる願望を叶えるためだけのものではない。

ルネが「占い/おまじない」によって目指したのは、聖なる力を身に付けて、周囲の人びとから自然と愛される「白魔女」という理想像を読者に提示することであった。ルネにとって、「占い/おまじない」は「白魔女」の理想像に向けて、現実の人間関係に向き合う努力を読者に促すためのものだったのである。その努力のために「占い/おまじない」を実行する少女を、ルネは「魔女っこ」と名付けた。

『マイバースデイ』は少女向けに「占い/おまじない」のグッズを付録としてつけたり、通販を通して販売したりなど、既成品も流通させていた。だがこのような、ルネの「占い/おまじない」を「手づくり」するという姿勢は、他の占い師にも影響を及ぼし、やがて、『マイバースデイ』の基調をなすにいたった。同時に、「占い/おまじない」のデザインは当時の少女マンガの影響を受けて、リボンや花を使うなどして、可愛らしさや美しさを強調していた。「魔女」のイメージも「少女らしさ」の範疇にあったことは指摘する必要がある。

もともと、80年代以前から、女性誌や少女雑誌では、ドレスを製作するための型紙や手引きが掲載されていることが多かった。なかには、理想の部屋づくりなど大掛かりなものも取り上げられていた。そうした記事においては、手引きをもとに読者が実際に作成するか否かは問題とはされていない。記事が示すドレスや家具を自ら「手づくり」すれば、理想とする世界を日常に持ち込むことが可能になるというメッセージを読者に伝えることが重要だったのである。

『マイバースデイ』の「占い/おまじない」もまた、「手づくり」が介在することでその魅力を読者にアピールしていたといえるだろう。なぜなら、「白魔女」の理想像を学校生活に持ち込むことで、そこでの人間関係と正面から向き合う努力を価値づけることができるとされていたからである。さらに、「占い/おまじない」を「手づくり」する行為とその過程は、明るさ、ひたむきさ、優しさ、可愛らしさといった『マイバースデイ』が示す保守的な「少女らしさ」の内面化を促すものでもあった。また、「占い/おまじない」とセットになっている「魔女」のモチーフは、現実の困難を乗り越える指針を示すだけでなく、「少女らしさ」の価値を自明のものとし、強化する役割をも担っていたといえる。

他方で、2000年代に入ってからの「占い/おまじない」でも、「手づくり」と「魔女」のイメージは重視されている。ただし、それは1980年代のものと大きく異なる。例えば、2000年代における「占い/おまじない」を代表する西洋占星術研究家の鏡リュウジは、女性向けのファッション誌で「魔女」をモチーフにした「占い/おまじない」の手順を紹介している。そのなかには、『マイバースデイ』で示されたような、手順や材料を使用した内容も見られる。だが、鏡の記事で特徴的なのは、難しい専門知識を必要とする西洋占星術を読者が習得し、自らが占いを実行できることをアピールしている点であろう。特に鏡は、占いが個人の物語を形成するのに魅力的な方法であることを強調している。

そして、「占い/おまじない」のなかに「魔女」のイメージが取り入れられている。しかし鏡は、現代の女性たちはもはや遠くにある「魔女」の理想を追いかける存在ではなく、彼女たちがそのままで「魔女」なのだという見方を示している。そして、「占い/おまじない」は読者である女性が「魔女」として生きるための方法としても示唆しているのである。このように、今日の「占い/おまじない」は、「魔女」としての自分の物語を自分で形成し、それを拠り所として外へ向かって生きて行く準備という役割を担うようになった。

「手づくり」もまた改めて見直されるようになった。オカルトショップで「魔女」になるワークショップが開かれたり、海外から輸入したグッズが売られているのは、今日の「占い/おまじない」の「手づくり」の特徴を反映したものといえるだろう。そして、「占い/おまじない」に使われる材料や手順も、歴史的な経緯を背景にした本格的なものへと変化しつつある。

このような状況のもとで、「占い/おまじない」における「魔女」は手の届かない理想像としてではなく、「手づくり」を通して自分自身と重ね合わせるものであることが、さらに強調されるようになるのである。

1980年代の「占い/おまじない」が、少女たちに対して学校の人間関係に向き合う努力を促すものであったのに対して、今日の「占い/おまじない」は成人女性たちが生きづらい現実を生き抜く上で、自分を守り、そして強化するものへと変化したようである。そのなかで、「手づくり」は現実の困難を乗り越えるための「魔女」の理想像と自分とを結ぶものから、自分と「魔女」とを重ね合わせる行為へと意味が変わった。

ただし、今日の「占い/おまじない」においても、相変わらず美しさや優しさといった「女性らしさ」が強調されていることには注意しておきたい。現代の「魔女」たちが始めた「占い/おまじない」からは、ジェンダーやセクシュアリティーに関わる支配的抑圧的な価値観を疑い、これを攪乱しようとする、大きな流れはまだ見えてこないのである。