ニュース画像
潮音寺で営んだ平和・慰霊法要
主な連載 過去の連載
エンディングへの備え
時代を生きる 宗教を語る
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

「大坂拘様」での教如とその周辺

真宗大谷派正光寺住職・名古屋教区教化センター研究員 小島智氏

2019年2月15日付 中外日報(論)

こじま・さとし氏=1966年、名古屋市生まれ。大谷大大学院文学研究科仏教文化専攻修士課程修了。専攻は真宗史。名古屋大谷高講師を経て現職。

1570(元亀元)年より始まった大坂本願寺と織田信長の「石山合戦」は、1580(天正8)年閏3月5日、「勅命講和」という形で終結を迎え、4月9日、門主顕如は紀州鷺森へと移る。しかし、信長の裏切りを警戒する新門教如は徹底抗戦を唱え、「大坂拘様」と呼ばれる籠城を続けた。

もっとも、この籠城は長く続かず、同年8月2日に教如自身も大坂を退去するのであるが、この「大坂拘様」について、興味深い史料が水戸市の善重寺(真宗大谷派)に所蔵されている。教如本人の書状写と、側近として教如を支え続けた本願寺家老・下間頼龍の添状写である。この2通には、「石山合戦」終結時の本願寺内の状況が臨場感あふれる言葉で述べられ、顕如と教如の親子対立とともに、本願寺家臣の対立についても新知見が示されているのである。

そこで、本稿では善重寺蔵の2通をもとに「大坂拘様」を垣間見てみるが、真宗大谷派名古屋教区教化センター発行の『センタージャーナル』106号にて先頃発表した拙稿を要約し、補足を加えてまとめ直したものであることをお断りしておく。また、「上人」の敬称は略させていただく。

最初に、善重寺にある書状・添状写の翻刻を掲げる。

[A教如書状写]

  雖先便申下、重而染筆候。仍大坂事、信長与御間、種〻往来候。乍去、七月盆前可被明渡、令議定候。然者予事、既雖為家督、遣一往之不預御届、恣之御様躰、無曲儀候。殊蓮如上人已来数代 聖人御座所、法敵被汚馬蹄事、歎入付而、不能信用候き。雖然御門主連〻如御契約、結句閏三月九日、紀州雑賀庄之内、鷺森云所御退座候。其御跡可成程、是非共可相拘候覚悟候。隣国門下、悉致馳走候へとも、何共難側(測)、題目等出来候而、不及了簡候条、八月二日、俄退城候事候。残多儀候。其刻迄、雑賀者共籠城候而、尽粉骨候間、所詮彼等任異(意)見、至雑賀和哥浦着岸候而、于今在居候。御門主御間、右ニ申結付而、互非入眼候。就中、近日鷺森有謀人。佛法世法之儀、色〻申乱候由、其聞候。言語道断之次第候。自然其元、如何様事申下候共、不可能承引候。真俗共以諸篇、可為先規事、肝要候。次安心之一儀においてハ、信決定にて、弥佛恩報尽の称名、無懈怠様心懸、専用候。猶、按察法橋可申候也。穴賢〻〻

十月晦日   教如(花押)
     常陸
       諸坊主衆中
       同門徒中

[B了明(下間頼龍)添状写]

従 当御門様、被成 御書候。謹而可有頂戴候。抑今度大坂之儀、大御所様、閏三月九日、被成御退出候。然者、被残御諸数日、雖被成御拘候、不及御了簡仕合候。令出来、無是非至記(紀)州雑賀、和哥被移御座候。国衆崇敬被申事、不及是非候。一段御堅固御座候間、不可有気遣候。就者、御両所様御間之儀、謀人依申妨出にて、徧(偏)御不通事、笑止此事候。乍去、行末御入眼之儀、別儀御座有間敷候間、可心安候。然者、諸国色〻様〻、被仰下候由候。是併、謀人所行候間、不可有信用候。諸事、可為如先規旨、被仰出候。随而此方、御不如意之段、過仕候。此刻、各可被抽懇志事、可仏法興隆候。就中、於法義之段者、被顕 御文躰候。能〻有聴聞如御諚、可被相嗜事、専用候。此等之旨、可申下候由御意候。恐〻謹言

十一月朔日  了明(花押)
       常州
         諸坊主衆中
         同門徒衆中

漢字は常用漢字を用い、適宜句読点を補った。なお、旧稿で「諜人」とした箇所は「謀人」とも判読でき、後述の同日付文献も参考に改めて検討した結果、「謀人」と訂正している。[A][B]とも年次が記されていないが、書かれている内容から天正8年と判断でき、また、文中に「閏三月九日」とあるのは、正確には「四月九日」のことである。

ちなみに、[A]と同じ十月晦日付で「武蔵/諸坊主衆中/同門徒中」に宛てられた、[A]とほぼ同文の教如書状が、東京都港区の善福寺(本願寺派)に所蔵されており、『本願寺教団史料 関東編』(本願寺派)に翻刻が掲載されている。さらに、岡崎市慈光寺(大谷派)にも、同日付で「三河国/諸坊主衆中/同門徒中」に宛てられた、ほぼ同文の教如書状(こちらは写)が所蔵され、『愛知県史 資料編』第11巻に翻刻の掲載がある。ただ双方とも添状は伝わっていないようである。また、善福寺蔵の書状については、小泉義博氏の『本願寺教如の研究』(法藏館)上巻第2章・下巻第7章でも全文引用されている。

ところで、「大坂拘様」は顕如と教如の「父子密計」である、という学説が古くからある(辻善之助『日本佛教史』第7巻、岩波書店)。それに対し大桑斉氏は、顕如・教如両人の書状を考察し、二人の意志疎通の欠けたことが結果的に「大坂拘様」となったのであり、その要因は本願寺家老・下間仲之の策謀にあるのではないかと推測されている(『教如―東本願寺への道』法藏館)。実は、ここに掲げる[A][B]2通はそこでの考察対象に入っていないが、その推測をより裏付けるものと言えるのである。

まず[A]の前半からは、教如が本願寺を受け継ぐ身であるとの自覚を持ちながらも、講和の協議では蚊帳の外に置かれ、顕如と意志の疎通がとられていなかった状況がうかがえる。さらに、8月の大坂退去後、紀州鷺森にいる顕如のもとを訪れようとするも果たされなかったことが述べられ、これ以降教如は、1582(天正10)年6月の本能寺の変後の父子和解まで、諸国巡回の身となるのである。

また後半では、この顕如・教如が和解に至らなかったことに関し、「謀人」により色々とあらぬことを言われ、損害を被っている様子が述べられている。前述のように大桑氏は、何者かの讒言によって教如は遠ざけられた可能性が高く、その何者かを下間仲之と推測されているのだが、[A]にある「謀人」というのも、下間仲之のことを指していると考えられよう。

この「謀人」については、[B]でも顕如と教如の仲が妨げられている要因とされ、顕如側からの申し下しがあっても、「謀人」の仕業ゆえ信用せぬよう求められている。下間頼龍にもその存在が強く意識されていたことが分かる。

しかし、[B]でより注目すべきは、その冒頭部分で教如を「当御門様」、顕如を「大御所様」と呼んでいることである。「大坂拘様」からの教如の背景に、顕如より勘気(破門)を受けながらも教如を支持する、僧侶・門徒や家臣の存在があったことは従来から指摘されているが(大桑斉前掲書)、その代表格が下間頼龍であった。頼龍にしてみれば、もはや当門主は教如であったのである。

言うまでもなく、教如の正式な本願寺継承は、1592(天正20・文禄元)年11月の顕如示寂に伴ってであるが、天正8年の段階で教如側近がこう述べているということは、「大坂拘様」時から教如を当門主と認識する本願寺家臣団の勢力が存在し、それが基盤となって、以後の「教如教団」形成が図られていったと見ることができるということであろう。

なお、大桑氏は前掲書において、下間頼龍の天正8年9月13日付「照蓮寺/同門徒中」宛て書状でも、教如が「当門様」と呼称されていることを指摘している。これは真宗大谷派高山別院照蓮寺に所蔵され、『続真宗大系』第16巻「天正八年信長と媾和及び退城に関する文書」に翻刻があるが、2018年度の大谷大博物館特別展「飛騨真宗の伝流―照蓮寺高山移転四三〇年」で出陳された。

また、同朋大仏教文化研究所13年度後期展示「本願寺教如と三河・尾張・美濃」の図録でも、教如の天正8年6月28日付「トキ明覚門徒衆中・多良郡惣中」宛て書状(大垣市明願寺蔵)に付随する、同年7月5日付下間頼龍添状(同寺蔵)において、教如が「当御門主様」と呼ばれていることを指摘している。頼龍のこのような認識は、本願寺教団史において極めて重要な意味を持つと思われる。

以上のように、水戸市善重寺蔵の教如書状写、下間頼龍添状写は非常に示唆に富む内容を持っており、その後の本願寺東西分派への変遷を考える上でも看過できないものといえる。他にも、同時期に同様の書状が諸国へ出されている可能性もあり、不明な点の多かった「教如教団」の形成過程が、より詳らかになっていくことが期待されよう。