ニュース画像
落慶法要に続き、つき初めする小堀管長と見守る坂井田住職(右)
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 新製品・トレンドリスト> 新製品・トレンド

蚊やり香「夕涼み」に短寸タイプ ―― 山田松香木店

蚊やり香「夕涼み」に短寸タイプ

江戸中期創業の山田松香木店(京都市上京区)はこのほど、2011年に発売した蚊やり香「夕涼み」シリーズに新商品として短寸線香を追加、販売を始めた=写真。既存のスティックタイプや巻き線香タイプが好評なことから、ラインアップを増やして展開する。

「夕涼み」は、虫よけ効果で知られる天然除虫菊を配合した蚊やり香。香りは「打ち水をした京都の夕暮れの清涼感」をイメージして調合したといい、夏場を中心に通常用途で使う線香として人気が高いという。

新発売の短寸は、1本の長さが約14センチ。約37グラム入り1箱で本体価格800円。同社では「厳しい残暑が続く中、体にもやさしい蚊やり香で一服の涼を」と話している。

問い合わせは同社=電話075(441)4694。