ニュース画像
御影堂前階段で記念撮影を待つ小僧さんたち。2時間余りの儀式を終えてほっと一息
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
仏教用語集

仏教用語集

末寺(まつじ)

本山または本寺に付属している寺院。

末法(まっぽう)

仏教の史観によると、釈迦入滅後、純粋に教えが伝わるのは約千年で、これを正法といい、その後千年が造寺・造仏は行われても、証(さとり)に欠ける像法の時代(正法・像法各五百年説もある)で、次に教えだけ存続して、修行者も悟りを開く者もない末法一万年に入るといわれる。

満願(まんがん)

神仏に日数を定めて祈願をかけ、その期限に達すること。

曼荼羅(まんだら)

曼陀羅とも書く。原語の意味は、ものの本質・中心のこと。多数の尊像の集合によって宗教的世界観を表現する図像。

万劫(まんごう)

一劫(こう)が非常に長い年数であるから、無量の年数といってよいほどの長い年月のこと。

仏教用語集

三日坊主(みっかぼうず)

物事にすぐ飽いてやめてしまう人。

名号(みょうごう)

仏・菩薩の称号。名は体をあらわし、号は徳をあらわすという。

妙法(みょうほう)

妙は神聖、絶対、無比の意味をあらわす。従って、最もすぐれた仏法のこと。

冥加(みょうが)

神仏の恩恵。神仏が人の機に応じて利益を与えること。

弥勒(みろく)

釈迦入滅後、五十六億七千万年後の無仏の世界に出現するという菩薩。

仏教用語集

無為(むい)

生滅変化のない常住不変のこと。

無縁仏(むえんぶつ・むえんぼとけ)

親類縁者など供養する者のない死者の霊。

無我(むが)

あらゆるものに、永遠不変の実体はないということ。

無常(むじょう)

すべて現象が変化していくこと。

無間地獄(むげんじごく・むけんじごく)

八大地獄の一つ。五逆罪を犯した者が熱火の苦しみをうけるという地獄。

無分別(むふんべつ)

思惟分別を超えた絶対平等の境地。

無明(むみょう)

迷いの根源を為す根本的な無智。

仏教用語集

冥土(めいど)

冥途とも書く。死後に行く世界。

冥福(めいふく)

死者が死後の世界で受ける幸福。

名刹(めいさつ)

歴史のある名高い寺院。

滅度(めつど)

涅槃(ねはん)に入ること。迷いの大苦を滅すること。

仏教用語集

喪(も)

故人の近親者が、一定の期間自宅にこもり、謹慎して哀悼の心をあらわすこと。

妄語(もうご)

五戒の一つ。真実でないことを口にすること。

木食(もくじき)

深山に入り、五穀を断ち、木の実を食べて苦行すること。

門跡(もんぜき)

一門の仏法の系統を受けついでいる寺院。また、法親王・摂家の子弟が入って仏法の系統をつぐ寺院。

門徒(もんと)

師の教えを受ける門人、弟子のこと。とくに浄土真宗の信徒を称する。