PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

原点に返りご恩返し

真言宗御室派総本山仁和寺第51世門跡 瀬川大秀さん(71)

ひと2018年11月28日 10時10分
原点に返りご恩返し

仁和寺1300年余の歴史の中で、愛媛から初めての門跡となった。舒明天皇(在位629~641)の道後温泉行幸にゆかりのある西条市の古刹・王至森寺に生まれ、幼い時から四国霊場の歩き遍路の姿を見て、大師信仰を身近に感じながら育ってきた。

周囲の人々誰もが口をそろえるのが、腰の低さと優しい人柄。茶道裏千家の千宗室家元は、遅咲き、低木として知られる「御室桜のようだ」とたたえる。

その優しさは、若い頃からの自身の苦労に裏打ちされている。小学4年、10歳の時に父の大寿・先代住職が病に倒れ、母の馨さんが16年間の看病を続けながら寺を守ってきた。「両親からは耐えるということを教えられました。どんなにつらいことがあっても、父や母のことを思えば我慢できます」。24歳の若さで住職となり、「当時、結集寺院の住職方とは親と子ぐらい離れていて、いろいろ鍛えられましたね」と振り返る。

2期務めた宗務総長時代には、仁和寺が社会的な問題で評判を落とす苦しい時期もあった。それを耐えて乗り越え、来年は総長として自身が取り組んできた創建以来370年ぶりの半解体修理を終えた観音堂の落慶法要を迎える。

「私が門跡として今ここにあるというのは、若くして住職となったことも含め、縁を頂いた全ての人々からの目に見えないおかげということを改めて感じています。決して自分の力ではありません。宇多天皇様が仁和寺を開かれたお気持ち、その原点に立ち返り、ご恩返しに努め、人々の幸せを願いたい」

(河合清治)

一日一日一生懸命に

総本山知恩院執事長井桁雄弘さん

5月31日

浄土宗総本山知恩院の執事長に今年2月、就任した。どのような場でも十念の前に必ず「とらわれない心、こだわらない心、もっともっと仲良く」と唱える。仏教の根本的な考え方を実践し…

「信じ切る」心に留めて

日蓮宗大本山池上本門寺執事長鈴木弘信さん

5月24日

「池上本門寺で修行する方々の中に入って、御給仕を再開する機会を頂いた」。4月に執事長に就任して1カ月余り。大本山運営の中心に立つ胸の内に、初心に帰って修行できる喜びがあふ…

大学の価値は研究力

京都光華女子大学長高見茂さん

5月15日

昨年4月に副学長として京都光華女子大に着任し、4月1日付で学長に就任した。専門は教育行政や教育財政、学校経営など。「大学の価値はやはり研究力の強化」と強調し、特にその裏付…

PR

川崎無差別殺傷事件 「無敵の人」の誤用を考える

社説6月14日

SNSの闇 議論し、見識の蓄積を

社説6月12日

トリックはいけない 「令和」時代の改憲論

社説6月7日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加