PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

教育の力を信じて

難民支援に尽力するSVAアフガニスタン事務所所長代行
ワヒド・アハマッド・ザマニさん(42)

ひと2019年1月5日 10時15分
教育の力を信じて

シリアに次いで難民の多いアフガニスタン・カブールに生まれた。

幼い頃に父親を亡くし、内戦が激しくなったため、1993年に家族と共に難民としてパキスタンへ避難。パキスタンではソーシャルワーカーとして活動し、米国による空爆を受けたアフガニスタンで2001年から、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の緊急救援活動に参加、15年からは所長代行に就いた。同国の二つの事務所で職員約40人を統括する。

難民のためのシェルターや井戸、トイレなどの整備、教育分野では、学校建設、仮設教室の設置、絵本の出版、学校の図書室整備などを展開する。

現地での活動には、イスラム教のコミュニティーの協力が不可欠という。

「シャンティは政治や宗教色を出さないので、地元の人たちに信頼されている。事業は計画段階から各コミュニティーのメンバーと一緒になって進めている」と説明する。

モスクでSVA職員が事業を説明し、活動に理解を示したイスラム教徒がSVAを宣伝することもあるという。

難民となった時から変わらずに持ち続けている祖国復興の思い。現在はSVAの活動を通じて、その実現に向かっている。

「シャンティに出合って、いろんな国のことが分かり、視野が広くなった。アフガニスタンは少しずつだが高等教育を受ける人が増え、識字率も上がってきた。若者たちが世の中を変えていく。教育の持つ力を信じている」と力強く語った。

(赤坂史人)

一日一日一生懸命に

総本山知恩院執事長井桁雄弘さん

5月31日

浄土宗総本山知恩院の執事長に今年2月、就任した。どのような場でも十念の前に必ず「とらわれない心、こだわらない心、もっともっと仲良く」と唱える。仏教の根本的な考え方を実践し…

「信じ切る」心に留めて

日蓮宗大本山池上本門寺執事長鈴木弘信さん

5月24日

「池上本門寺で修行する方々の中に入って、御給仕を再開する機会を頂いた」。4月に執事長に就任して1カ月余り。大本山運営の中心に立つ胸の内に、初心に帰って修行できる喜びがあふ…

大学の価値は研究力

京都光華女子大学長高見茂さん

5月15日

昨年4月に副学長として京都光華女子大に着任し、4月1日付で学長に就任した。専門は教育行政や教育財政、学校経営など。「大学の価値はやはり研究力の強化」と強調し、特にその裏付…

PR

川崎無差別殺傷事件 「無敵の人」の誤用を考える

社説6月14日

SNSの闇 議論し、見識の蓄積を

社説6月12日

トリックはいけない 「令和」時代の改憲論

社説6月7日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加