PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

明るく正しく仲良く

浄土宗西山深草派管長 倉内賢道さん(80)
ひと2019年2月6日 11時15分更新
明るく正しく仲良く

1月17日に浄土宗西山深草派管長、総本山誓願寺103世法主に就任。宗会議員や地元の社会奉仕団体会長なども務めた。「法主任命を受けて『まだまだ修行が足りない。本山で修行をしてきなさい』と父に言われているような気がした」

愛知県西尾市にある福泉寺で、6人兄弟の末っ子に生まれた。兄弟は就職などで地元を離れていった。当時高校を卒業したばかりだったが、故郷を失わないために寺を継ぐ決心をした。

しかし末っ子で「自由に好きなことをすればよい」と法要作法を知らずに育ち、読経を教わるために通った寺の住職を困惑させたこともあった。「最初は抵抗があったが、寺に入ったおかげで仏が導いてくださったのだと思う」

僧侶の道を歩みだした傍ら、1945年の三河地震の被害を受けた伽藍の復旧にも奔走。福泉寺の檀家数は30軒ほどで、生活のために始めた写真館の収益で寺を支えた。

父の倉内賢示・誓願寺96世法主は宗務総長に在任中、現在の同寺本堂の再建に貢献。檀林崇福寺の住職なども歴任しており、寺一筋の人だったという。

「人間は信頼をなくしてはいけない。真面目に信頼してもらえるようにしていれば、みんなが助けてくれる」という父の言葉通りに生きてきたという。人生のどの場面でも不思議と後押ししてくれる人々がいた。自分の力ではなく周囲の支えで今があると振り返った。

「人生は出会いが全て。心して大切にしたい。人は人のために生きてこそ価値がある。明るく、正しく、仲良くが私たちの理想」

(奥岡沙英子)

女性目線で宗門の力に

日蓮宗宗会議員・妙経寺住職田邉木蓮さん

4月12日更新

日蓮宗史上3人目の女性宗会議員。宗門教師約8千人のうち、女性は900人近い。2013年に当選した松野蓮香議員と、初めて同時期に女性が2人、議席を占めた。男性社会の仏教界に…

「ゆずり合い」は原点

融通念仏宗管長・総本山大念仏寺第67世法主吉村暲英さん

1月25日更新

12日付で就任した。教学研鑽機関・勧学林の教授や学長を長年務め、2007~16年には宗務総長も務めて15年の開宗900年記念・再興大通上人300回御遠忌法要を円成させた。…

緊張感持ち御修法に

真言宗豊山派総本山長谷寺化主田代弘興さん

1月9日更新

人形劇団出身の化主が平成最後の後七日御修法という「晴れ舞台」で大阿の大役に挑んでいる。 自坊は東京・荻窪の光明院で、地名の由来となった古刹。弘法大師空海と興教大師覚鑁に…

PR

被災地8年目の春 復興への地道な歩み

社説4月17日更新

今夏のWCRP大会 日本からの発信に期待する

社説4月12日更新

幸福度の低さ 日本社会の深刻な病理

社説4月10日更新
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加