PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

明るく正しく仲良く

浄土宗西山深草派管長 倉内賢道さん(80)

ひと2019年2月6日 11時15分
明るく正しく仲良く

1月17日に浄土宗西山深草派管長、総本山誓願寺103世法主に就任。宗会議員や地元の社会奉仕団体会長なども務めた。「法主任命を受けて『まだまだ修行が足りない。本山で修行をしてきなさい』と父に言われているような気がした」

愛知県西尾市にある福泉寺で、6人兄弟の末っ子に生まれた。兄弟は就職などで地元を離れていった。当時高校を卒業したばかりだったが、故郷を失わないために寺を継ぐ決心をした。

しかし末っ子で「自由に好きなことをすればよい」と法要作法を知らずに育ち、読経を教わるために通った寺の住職を困惑させたこともあった。「最初は抵抗があったが、寺に入ったおかげで仏が導いてくださったのだと思う」

僧侶の道を歩みだした傍ら、1945年の三河地震の被害を受けた伽藍の復旧にも奔走。福泉寺の檀家数は30軒ほどで、生活のために始めた写真館の収益で寺を支えた。

父の倉内賢示・誓願寺96世法主は宗務総長に在任中、現在の同寺本堂の再建に貢献。檀林崇福寺の住職なども歴任しており、寺一筋の人だったという。

「人間は信頼をなくしてはいけない。真面目に信頼してもらえるようにしていれば、みんなが助けてくれる」という父の言葉通りに生きてきたという。人生のどの場面でも不思議と後押ししてくれる人々がいた。自分の力ではなく周囲の支えで今があると振り返った。

「人生は出会いが全て。心して大切にしたい。人は人のために生きてこそ価値がある。明るく、正しく、仲良くが私たちの理想」

(奥岡沙英子)

一日一日一生懸命に

総本山知恩院執事長井桁雄弘さん

5月31日

浄土宗総本山知恩院の執事長に今年2月、就任した。どのような場でも十念の前に必ず「とらわれない心、こだわらない心、もっともっと仲良く」と唱える。仏教の根本的な考え方を実践し…

「信じ切る」心に留めて

日蓮宗大本山池上本門寺執事長鈴木弘信さん

5月24日

「池上本門寺で修行する方々の中に入って、御給仕を再開する機会を頂いた」。4月に執事長に就任して1カ月余り。大本山運営の中心に立つ胸の内に、初心に帰って修行できる喜びがあふ…

大学の価値は研究力

京都光華女子大学長高見茂さん

5月15日

昨年4月に副学長として京都光華女子大に着任し、4月1日付で学長に就任した。専門は教育行政や教育財政、学校経営など。「大学の価値はやはり研究力の強化」と強調し、特にその裏付…

脱現金化の陥穽 利便性だけで判断は危険

社説6月26日

茶髪の生徒ら共感 ヒロシマ語った原さん

社説6月21日

「星野君の二塁打」 「道徳」教科書の問題点

社説6月19日
宗教文化講座
  • 中外日報採用情報
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加