PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

一人一人が居場所を

花園中高校長 溜剛さん(60)

ひと2019年4月24日 16時14分
一人一人が居場所を

「生徒の人生のひとときに、リアルタイムで立ち会えるのが教員の醍醐味です」。福田篤・前校長(77)とは前任校の開智中高(さいたま市)で共に中高一貫教育を推進した。花園では「まず福田先生がつくられたコース(中学のスーパーグローバルZENコースなど)の路線をきちんと踏襲し、より充実させていきたい」。

生徒は多感な思春期を花園で過ごしている。「この3年ないし6年を通過点と考えている子も多いが、自らの考え方と行動の基ができる時期。一人一人の子がこの学校で居場所を見つけ、卒業後にあの日々が自分の転換点だったと思ってもらえればいいと思います」

東京都出身。小学生時代からピアノを習い、プロを目指した時期もあった。早稲田大教育学部で発達心理学を専攻し、卒業後は東京家庭裁判所の調査官に採用されて就職。罪を犯した少年と面談して生い立ちや犯行理由などを教育学、心理学、社会学の見地から調査した。

29歳で開智中高(当時は埼玉第一高)に入り、教諭を15年、教頭を7年、この3月末まで校長を9年務めた。

京都には単身赴任。埼玉県新座市の自宅から徒歩で行ける距離に臨済宗妙心寺派平林寺があり、坐禅も体験してきたが、宗門関係の場に身を置くのは人生で初めて。「子どもたちが禅をきちんと理解できる教育を行わなくてはならないし、私自身が日本史を教えてきたこともあり、仏教や禅にどっぷり漬かってみたい思いもあります」

松井宗益・花園学園長の自坊・妙心寺派久光寺(島根県出雲市)の学徒。

(萩原典吉)

大学の価値は研究力

京都光華女子大学長高見茂さん

5月15日

昨年4月に副学長として京都光華女子大に着任し、4月1日付で学長に就任した。専門は教育行政や教育財政、学校経営など。「大学の価値はやはり研究力の強化」と強調し、特にその裏付…

女性目線で宗門の力に

日蓮宗宗会議員・妙経寺住職田邉木蓮さん

4月12日

日蓮宗史上3人目の女性宗会議員。宗門教師約8千人のうち、女性は900人近い。2013年に当選した松野蓮香議員と、初めて同時期に女性が2人、議席を占めた。男性社会の仏教界に…

明るく正しく仲良く

浄土宗西山深草派管長倉内賢道さん

2月6日

1月17日に浄土宗西山深草派管長、総本山誓願寺103世法主に就任。宗会議員や地元の社会奉仕団体会長なども務めた。「法主任命を受けて『まだまだ修行が足りない。本山で修行をし…

PR

続発する交通事故 他者思いやる禅の心を

社説5月22日

道徳の教科化 宗教系私学の独自性

社説5月17日

宗教不信の時代 純粋な経験と洞察の原点

社説5月15日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加