PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

人徳持つ布教使が必要

真宗木辺派宗務長 馬籠法城さん(74)

ひと2019年7月5日 10時49分
人徳持つ布教使が必要

6月1日に就任した。2024年に本山錦織寺(滋賀県野洲市)で営む木邊顕慈門主の伝燈奉告法要と親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年記念法要に向けた諸準備が大きな課題になる。

鹿児島県日置市の覚正寺出身。高校卒業後、浄土真宗本願寺派の中央仏教学院で学び、兵庫県の同派寺院で4年ほど法務員を務めた後、東洋大の夜間部に進学。在学中は東京都内の真宗佛光寺派西徳寺で役僧を務めたこともある。

卒業後は故郷に戻り、地道な教化活動に取り組んできた。「私の知恵ではない。仏様の智慧に尋ねてほしい」との思いからモットーは「お寺は人生の交番」。地元は過疎地だが、離郷した門徒にも毎月寺報を送り、「何かあればまずお寺に相談を」と呼び掛けている。

老後に大阪の息子の元に引っ越した女性の葬儀に駆け付けると「慣れない生活でつらいこともあった。しかし、『どこへ行っても仏様と一緒の生活なら仏様が守ってくれる』という先生の話をありがたく思っていた」との女性の遺書をもらった。「心のこもった礼状で、お念仏の世界のありがたさ、『触光柔軟の願』を思った」と言う。

宗門の大きな課題として門徒教化を挙げ、「寺と一人一人の深いつながりをつけることが急務。『門徒が減っていく』とよく言うが“企業努力”が足りないのでは」。

「(教えが)伝わる人徳」を持った布教使の養成が要と指摘し、「布教は食べるためではない。お念仏の教えが生活の中に生き生きとはたらいていることを教えてくださる布教使が必要」と僧侶養成への問題意識を語った。

(池田圭)

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏

5月22日

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在…

禅を核に生きた仏教

愛知学院大 引田弘道学長

5月8日

4月から曹洞宗関係学校・愛知学院大の学長に就任した。もともと鳥取の寺院に長男として生まれた。大阪外国語大フランス語科を卒業後、一般企業に勤めたが、寺を継ぐために仏教を学ぼ…

天海僧正の精神大事に

天台宗東叡山輪王寺門跡門主・寛永寺貫首 浦井正明氏

4月28日

天台宗東叡山輪王寺門跡門主・寛永寺貫首にこのほど就任した。「執事長を退いた後、長臈となって一度は隠居したつもりの身だが、これも巡り合わせ」と話す。 寛永寺の子院・現龍院に…

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日

やまゆり園事件4年 社会に広がる優生思想

社説7月22日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加