PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

兼務寺院の支援強化へ

浄土宗 川中光敎宗務総長(69)

ひと2020年1月17日 11時09分
兼務寺院の支援強化へ

昨年11月、宗務総長に就任。これまでに財務局長、教学局長、総務担当の宗務役員などを歴任した。當麻曼陀羅発祥の地、當麻寺(奈良県葛城市)の奥院住職。

教学局長在任中、佛教大の新たな通信教育教師資格取得コースの設立に尽力した。他大学に在籍しながらも、二重学籍にならず科目等履修生として通信教育を受けることができるというものだ。

一般企業に勤めている寺族が教師資格取得のために必須のスクーリングや実践道場に通えず、結果として教師資格を取得するタイミングがないという問題の解決を目的としている。

コースの新設に向けて学長に直談判に赴いた際「僧侶の立場から見れば、まるで『副業』に力を入れる僧侶を育てたいかのようだ。あなたはどんな僧侶を育てたいのか」と問われたことが深く印象に残っている。

しかし、これまで多くの人がやむなく寺院を去っていった現実を見てきた。その経験から「教師資格を取得した後に一般企業に就職するかもしれない。それでも将来的に僧侶として寺を継げる可能性を残しておきたい」と話す。

宗務総長として任期中の目標の一つに、寺院を複数兼務する住職へのサポート強化を掲げた。「兼務住職寺院であっても、その一つ一つの寺に歴史があり、檀信徒らにとっては大切な菩提寺のはず」との思いがある。事務手続きを簡略化するなど、一つ一つの寺院を残し、護持しやすいシステムを作るのが一番の課題だという。「現在7千カ寺ある浄土宗寺院数が、何十年たっても変わらないようにしたい」

(奥岡沙英子)

人材発掘、知見生かす

西山浄土宗 土江賢祥宗務総長

10月21日

1日に就任した。2024年の立教開宗850年を前に教勢の衰退や新型コロナウイルス問題に直面する中、特に人材発掘に力を入れ、その知見を生かした宗務の推進への意欲を示す。 人…

10年後を見据え改革を

真言律宗 松村隆誉管長

9月30日

8月1日に管長・総本山西大寺長老に就任。宗務長2期5年の経験を生かし「時代に即した姿を模索しながら、改革を進めたい」と意気込む。 自坊は大阪市住吉区の荘厳浄土寺。住吉大社…

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長

9月25日

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

三つの市場論 中国宗教界の変動の力学

社説12月2日

対話の前提 キリスト教的伝統との差異

社説11月27日

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加