PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

全員が成長する組織へ

臨済宗建長寺派 長尾宏道宗務総長(63)

ひと2020年1月22日 11時06分
全員が成長する組織へ

昨年12月12日に宗務総長に就任した。宗務本院の部員・職員をはじめ周囲の人たちと協力し合える組織づくりを目指すとともに、50年後の大本山建長寺を見据える。

2028年の開山・大覚禅師750年遠諱に向けた実行委員会の設立、本山の境内整備の長期計画の作成を掲げ、就任直後から、部長、部員、職員に自分の思いを明示した。

「自分が話した内容よりも相手から返ってくる内容が重要。意見を交換する中で新しいアイデアが生まれ、考えの方向性が固まってくる」。聞く姿勢を大切にしており、宗務本院の中に総長意見箱を設け、要望や意見を広く募っている。

栃木県生まれ。同県佐野市の小中学校の臨時講師、市教育委員を務めた。同市の願成寺住職として、くずう原人まつりの開催、葛の里壱番館の設立など地域活性化に尽力した。様々な組織で多くの人たちと関わる中で「全員が盛り上がっていなければうまくいかない」と気付いた。

宗務総長として最も大切にするのは「人づくり」だ。全員が成長し、思いを一つにして前に進んでいける組織をつくることを目指す。

末寺の僧侶から直接、宗務総長に意見が寄せられたり、自らクレーム対応をしたりすることも。「周囲からは大変と心配されるが、私にとってはとてもありがたい。これからもなるべく多くの人との出会いを大切にしていきたい」と話す。

「失敗は恐れていない。大切なのは失敗した後、どのように対応するか。それによって失敗が良い方に転換することもある」と笑顔を見せる。

(甲田貴之)

人材発掘、知見生かす

西山浄土宗 土江賢祥宗務総長

10月21日

1日に就任した。2024年の立教開宗850年を前に教勢の衰退や新型コロナウイルス問題に直面する中、特に人材発掘に力を入れ、その知見を生かした宗務の推進への意欲を示す。 人…

10年後を見据え改革を

真言律宗 松村隆誉管長

9月30日

8月1日に管長・総本山西大寺長老に就任。宗務長2期5年の経験を生かし「時代に即した姿を模索しながら、改革を進めたい」と意気込む。 自坊は大阪市住吉区の荘厳浄土寺。住吉大社…

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長

9月25日

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに

社説11月20日

震災の遺構保存 弔いの心が何より重要

社説11月18日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加