PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

親しみ持たれる寺に

真言宗豊山派大本山護国寺 小林大康貫首(78)

ひと2020年3月6日 11時40分(2020年3月26日 15時20分更新)
親しみ持たれる寺に

昨年10月に死去した岡本永司・第53世貫首の後継として1月24日に就任した。小林良弘・第52世貫首の長男で、護国寺には大正大卒業後の1963年から奉職し、3代の貫首に仕えた。93年から岡本前貫首の下、執事長を務め支えた。

徳川5代将軍綱吉によって建立された護国寺は重要文化財・観音堂(本堂)が関東大震災、太平洋戦争などの災害を免れ江戸の面影を伝える。

執事長として文化財護持に力を入れ、重文・月光殿の改修工事の際は防火施設をドレンジャーから放水塔に改めるなど、「文化財を後世に残すための努力は人一倍しているつもりです」と自負する。

大正時代以降は茶道本山として知られ、岡本前貫首時代にはダライ・ラマ14世との交流でチベットとの縁が深まるなど、様々な面を持つ護国寺。その歴史を継承し、岡本前貫首時代と同様に「自由にお参りしていただきたい。茶室を皆さんに使ってもらっているのも続けたい」と語る。

十数年前から檀信徒と共に四国巡礼を続け、四国八十八ヶ所大先達となった。檀信徒に問われると「同行二人で御大師様の力を頂き、心豊かになりますよ」と答えている。四国遍路でお接待など地域の人との触れ合いを温かく感じ、護国寺も「親しみを持たれるお寺にしたい」と願う。

書道素心会同人で、護国寺の節分会では福升へ寿などの文字を浄書して長年、腕を振るう。近く竣工する護国寺別院大御堂(茨城県つくば市)では般若心経と真言の襖書きを手掛けた。

貫首晋山式は11月17日に行われる。

(山縣淳)

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長

9月25日

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている…

物事を命のレベルで

東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺) 飛鷹全隆長者

9月9日

7月21日に東寺長者に就任した。東寺と高野山を行き来し密教を広めた弘法大師空海のように、東寺長者、高野山真言宗三宝院住職として、人々のために祈りを捧げる。 愛媛県西条市の…

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏

5月22日

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加