PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

「全力に悔いなし」胸に

WCRP日本委員会 篠原祥哲事務局長(48)

ひと2020年3月11日 10時36分
「全力に悔いなし」胸に

1月、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会の事務局長に就任した。WCRP設立50周年の節目の年に当たり「この50年で議論を尽くし、目標は明確。多くの人を巻き込みつつ、覚悟を持って具体的な実践へと動きだしたい」と熱く思いを語る。

信仰3代目の立正佼成会会員。誕生日の10月4日は庭野日敬開祖の入寂の日でもある。その当時、北アイルランドで紛争解決プログラムに従事しており、遠く離れた異国にあって背中を強く押されたような気がした。

下町育ちのサッカー少年だった。高校サッカーの強豪校に進学するものの周囲との実力差にがくぜん。それでも腐らずに努力し、3年生の夏にレギュラーを獲得した。その経験を基に胸に刻んだのは「全力に悔いなし」という言葉だ。「自分の今の能力よりも圧倒的に高いところに挑戦し、達成したときの喜びは何物にも代え難い」と振り返る。そのモットーは今も変わらない。

2005年からWCRP日本委員会で勤務し、軍縮を呼び掛ける世界的な署名運動「アームズ・ダウンキャンペーン」に取り組んだ。東日本大震災の被災地でがれきだらけになった町並みを前にぼうぜんとしたこともある。しかしその時「で、篠原はどうする?」という「神仏の声」が聞こえてきたという。この現実から逃げてはいけないと一念発起。仙台事務所を立ち上げ、支援の現場に飛び込み汗を流した。

国際社会では、気候変動や核兵器など切迫した問題が山積する。「早急なアクションが求められており、それがWCRPの役割」と断言する。

(佐藤慎太郎)

人材発掘、知見生かす

西山浄土宗 土江賢祥宗務総長

10月21日

1日に就任した。2024年の立教開宗850年を前に教勢の衰退や新型コロナウイルス問題に直面する中、特に人材発掘に力を入れ、その知見を生かした宗務の推進への意欲を示す。 人…

10年後を見据え改革を

真言律宗 松村隆誉管長

9月30日

8月1日に管長・総本山西大寺長老に就任。宗務長2期5年の経験を生かし「時代に即した姿を模索しながら、改革を進めたい」と意気込む。 自坊は大阪市住吉区の荘厳浄土寺。住吉大社…

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長

9月25日

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

三つの市場論 中国宗教界の変動の力学

社説12月2日

対話の前提 キリスト教的伝統との差異

社説11月27日

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加