PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

「全力に悔いなし」胸に

WCRP日本委員会 篠原祥哲事務局長(48)

ひと2020年3月11日 10時36分
「全力に悔いなし」胸に

1月、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会の事務局長に就任した。WCRP設立50周年の節目の年に当たり「この50年で議論を尽くし、目標は明確。多くの人を巻き込みつつ、覚悟を持って具体的な実践へと動きだしたい」と熱く思いを語る。

信仰3代目の立正佼成会会員。誕生日の10月4日は庭野日敬開祖の入寂の日でもある。その当時、北アイルランドで紛争解決プログラムに従事しており、遠く離れた異国にあって背中を強く押されたような気がした。

下町育ちのサッカー少年だった。高校サッカーの強豪校に進学するものの周囲との実力差にがくぜん。それでも腐らずに努力し、3年生の夏にレギュラーを獲得した。その経験を基に胸に刻んだのは「全力に悔いなし」という言葉だ。「自分の今の能力よりも圧倒的に高いところに挑戦し、達成したときの喜びは何物にも代え難い」と振り返る。そのモットーは今も変わらない。

2005年からWCRP日本委員会で勤務し、軍縮を呼び掛ける世界的な署名運動「アームズ・ダウンキャンペーン」に取り組んだ。東日本大震災の被災地でがれきだらけになった町並みを前にぼうぜんとしたこともある。しかしその時「で、篠原はどうする?」という「神仏の声」が聞こえてきたという。この現実から逃げてはいけないと一念発起。仙台事務所を立ち上げ、支援の現場に飛び込み汗を流した。

国際社会では、気候変動や核兵器など切迫した問題が山積する。「早急なアクションが求められており、それがWCRPの役割」と断言する。

(佐藤慎太郎)

正しい禅を伝えたい

曹洞宗・南アメリカ国際布教総監 清野暢邦さん

2月17日

布教師になって四半世紀。ブラジル・リオデジャネイロ五輪があった2016年、管長の名代の特派布教師として南米各地を巡回し、仏法を求める人たちのあつい思いに触れた。 「アップ…

ピンチをチャンスに

佛教大 伊藤真宏次期学長

2月17日

4月に佛教大の学長に就任する。昨年、仏教学部長に就いた直後で、自身も驚いたという。学長就任後には四条センターを紫野キャンパスへ機能移転し、OLC(オープン・ラーニング・セ…

TV出るのも辻説法

東北福祉大 千葉公慈学長

1月8日

学長に就任して昨年12月で1年がたった。テレビ番組「ぶっちゃけ寺」でブレークし、今もテレビでコメンテーターとして活躍する。 当初はぶっちゃけ寺の監修を頼まれたが「内容をい…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加