PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

「女性に教育を」力込め

SVAアフガニスタン事務所緊急救援担当 ハミドゥッラー・ハミド氏(43)

ひと2020年3月25日 11時29分
「女性に教育を」力込め

シャンティ国際ボランティア会(SVA)のアフガニスタン事務所で女性の教育支援に携わる。幼い2人の娘と1人の息子の父親だ。多くの民間人が毎日、テロに巻き込まれて死傷する。毎朝仕事に出る際には「妻、子どもと会えるのはこれが最後かもしれない」との思いが頭をよぎる。

1970年代のソ連侵攻から内戦が激化し、祖国の町並みは廃虚と化した。この間、国民は教育を受けられなかった。「この国を変えたい」と2006年から人道支援に携わるようになり、18年からSVAの活動に参加。現在は既婚女性を対象に読み書きを教える「女性センター」を運営する。教師は女性で、参加者はスカーフで体中を覆うなど細心の注意を払っている。

女性が教育を受けることへの理解は低い。現地のリーダーに女性教育の重要性を丁寧に説明し、事業を進める。政治や宗教にタッチせず平和(シャンティ)を願う中立的な姿勢が受け入れられている。

アフガニスタンの女性は小学校高学年になると学校をやめて結婚する。それは「宗教(イスラム教)や風習、文化ではない。治安の悪さ、教育を十分に受けられなかったことによる無理解からくるものだ」と断言する。

治安が悪く、娘たちを学校に通わせることは困難。仕事がないので家にいても仕方なく、早くに嫁がせる。全ては愛する娘たちのためを思ってのことだ。

「宗教や文化などの複雑な問題があるが、それを打ち破るのは教育の力。娘には教育を受け、自分が選んだ人と結婚してほしい」と力強く語った。

(赤坂史人)

「全力に悔いなし」胸に

WCRP日本委員会 篠原祥哲事務局長

3月11日

1月、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会の事務局長に就任した。WCRP設立50周年の節目の年に当たり「この50年で議論を尽くし、目標は明確。多くの人を巻き込みつつ、…

親しみ持たれる寺に

真言宗豊山派大本山護国寺 小林大康貫首

3月26日更新

昨年10月に死去した岡本永司・第53世貫首の後継として1月24日に就任した。小林良弘・第52世貫首の長男で、護国寺には大正大卒業後の1963年から奉職し、3代の貫首に仕え…

全員が成長する組織へ

臨済宗建長寺派 長尾宏道宗務総長

1月22日

昨年12月12日に宗務総長に就任した。宗務本院の部員・職員をはじめ周囲の人たちと協力し合える組織づくりを目指すとともに、50年後の大本山建長寺を見据える。 2028年の開…

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず

社説3月25日

いのちとは何か 限定不可能な無限の尊さ

社説3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加