PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

當麻曼荼羅研究に尽力

京都西山短期大 加藤善朗学長(56)

ひと2020年4月15日 13時28分
當麻曼荼羅研究に尽力

1日に京都西山短期大学長に就任した。兵庫県丹波篠山市の浄土宗西山深草派善導寺に生まれる。父親が高校で物理を教えていた影響もあり、当初は仏教と異なる道に進んだ。

北海道大在学中には男声合唱を始めた。道内には教会が多く、賛美歌を通して宗教との関わりを持った。次第に「命の問題」を考えるようになり「仏教に答えを見いだすべきなのでは」と考え、佛教大に入学し直した。

在学中は藤本淨彦教授(当時)の研究室に通い、命について哲学的な問答を交わした。ゼミの指導教員だった関山和夫教授(当時)からは、民間芸能と仏教の関わりを学んだ。

学生時代は深草派総本山誓願寺に随身し、同寺近隣にある長仙院住職の吉良潤氏と共に経本を編纂するなどした。その時期、台湾の善光寺に保管されていた誓願寺の元法主・石黒観道氏による写本『曼荼羅聞書』の原稿が送られてきた。同書は鎌倉時代に顕意道教が語ったもので、原本は戦災によって失われたと伝わる。同書の打ち込み作業をする中で、當麻曼荼羅を法会の場に掲げ、人の感情に触れながら教化していく曼荼羅絵解きの魅力に引かれていった。

修士論文でも『曼荼羅聞書』を扱った。「今自分が掘り進めているところから、新たな発見が生まれるかもしれない」と総合研究大学院大に進学。博士(学術)を得て現在に至る。

「當麻曼荼羅絵解きは浄土教、日本仏教の展開を知るためにも重要。西山派の歴史には未知の部分が多い。今後、研究人口が増えて明らかになっていけば」と期待を語った。

(奥岡沙英子)

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏

5月22日

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在…

禅を核に生きた仏教

愛知学院大 引田弘道学長

5月8日

4月から曹洞宗関係学校・愛知学院大の学長に就任した。もともと鳥取の寺院に長男として生まれた。大阪外国語大フランス語科を卒業後、一般企業に勤めたが、寺を継ぐために仏教を学ぼ…

天海僧正の精神大事に

天台宗東叡山輪王寺門跡門主・寛永寺貫首 浦井正明氏

4月28日

天台宗東叡山輪王寺門跡門主・寛永寺貫首にこのほど就任した。「執事長を退いた後、長臈となって一度は隠居したつもりの身だが、これも巡り合わせ」と話す。 寛永寺の子院・現龍院に…

慰霊式は簡素化しても 歴史を振り返る8月に

社説8月5日

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加