PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
お知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

天海僧正の精神大事に

天台宗東叡山輪王寺門跡門主・寛永寺貫首 浦井正明氏(82)

ひと2020年4月28日 13時48分
天海僧正の精神大事に

天台宗東叡山輪王寺門跡門主・寛永寺貫首にこのほど就任した。「執事長を退いた後、長臈となって一度は隠居したつもりの身だが、これも巡り合わせ」と話す。

寛永寺の子院・現龍院に生まれた。東洋史の学者になった兄の影響で歴史の本に親しむうちに自然と慶応大の史学科に進んだ。大学院の途中で寺に呼び戻されたことを今でも残念に思っている。

その後、不忍池辯天堂に8年詰めた。参拝の人出の多い中、世間話や愚痴が寄せられると1時間でも2時間でも相手の気が済むまで付き合った。「悩みは人それぞれで一様ではない。解決できなくとも聞き役に徹することが大切。今から思うと大変勉強になった」と振り返る。

寛永寺は彰義隊が立てこもった上野戦争と第2次世界大戦の空襲で壊滅的な被害を受けており、史料がまとまった形では残っていない。若い頃から古本屋などで関係史料をコツコツと集め続けてきた。「細かな史料をつなぎ合わせていく中で、これまで知られてこなかったことが分かるのが歴史の楽しみ」

特に寛永寺開山・天海僧正についての研究はライフワークだ。書簡などの一次資料を通して見えてくるその姿は、「悪く言えば頑固。筋の通らないことはたとえ幕閣相手でも譲らない芯の通ったお人柄。天海僧正について分かったことは身びいきなしに書き残していきたい」と語る。

「時代とともに寺も変わらなければいけない。将軍家の菩提寺・寛永寺を庶民も自由に参ることができる寺とした天海僧正の精神を大事にしていきたい」と抱負を語る。

(佐藤慎太郎)

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏

5月22日

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在…

禅を核に生きた仏教

愛知学院大 引田弘道学長

5月8日

4月から曹洞宗関係学校・愛知学院大の学長に就任した。もともと鳥取の寺院に長男として生まれた。大阪外国語大フランス語科を卒業後、一般企業に勤めたが、寺を継ぐために仏教を学ぼ…

熱烈な願心ある人を

臨済宗南禅寺派 田中寛洲管長

4月22日

第13代管長に1日付で就任した。「引き受けた以上は心を込め一生懸命に取り組みたい」。自坊の南禅寺境外塔頭光雲寺は南禅寺禅センターの役割を担い、修学旅行生らの坐禅研修が年間…

どこに希望があるか 核軍事体制とコロナ後の世界

社説7月31日

愛国心の悪用 共生に逆らう動き警戒を

社説7月29日

やまゆり園事件4年 社会に広がる優生思想

社説7月22日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加