PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

禅を核に生きた仏教

愛知学院大 引田弘道学長(67)

ひと2020年5月8日 10時12分
禅を核に生きた仏教

4月から曹洞宗関係学校・愛知学院大の学長に就任した。もともと鳥取の寺院に長男として生まれた。大阪外国語大フランス語科を卒業後、一般企業に勤めたが、寺を継ぐために仏教を学ぼうと東京大(印度哲学)に学士入学。当時、教授だった早島鏡正氏から「仏(フツ)から仏(ぶつ)だな」と言われたのが思い出深いという。

愛知学院大講師時代には、横浜善光寺の留学僧として英国オックスフォード大に留学。同大には前田惠學氏がいて、生きた仏教の重要性を説いていた。こうした善光寺の取り組みや前田氏の影響もあって「葬儀や法事だけでなく、生きた仏教、社会とコミットした仏教が重要だ」と考えるようになった。

愛知学院大は3年前から臨床宗教師育成を始めたが、その導入の立役者となった。「今ほど、僧侶の在り方が問われている時はない。新型コロナウイルスの影響で、故人をしっかりと送ることができない可能性がある。僧侶は何のためにいるのかと言われかねない」

世界宗教である仏教は、戒律を基軸に中国やスリランカなどのアジアに広まり、互いに影響を与え続けてきた。だが、日本の仏教は江戸時代以降、日本人だけのものになってしまった。本来の姿を取り戻してほしいと願う。

「禅や瞑想は欧米に分かりやすく、あちらで生きた仏教として受け入れられている。それを逆輸入すれば日本の仏教の刺激になるのではないか。総合大学である愛知学院大としては、禅を核にした日本文化として発信していければ」と抱負を語っている。

(赤坂史人)

正しい禅を伝えたい

曹洞宗・南アメリカ国際布教総監 清野暢邦さん

2月17日

布教師になって四半世紀。ブラジル・リオデジャネイロ五輪があった2016年、管長の名代の特派布教師として南米各地を巡回し、仏法を求める人たちのあつい思いに触れた。 「アップ…

ピンチをチャンスに

佛教大 伊藤真宏次期学長

2月17日

4月に佛教大の学長に就任する。昨年、仏教学部長に就いた直後で、自身も驚いたという。学長就任後には四条センターを紫野キャンパスへ機能移転し、OLC(オープン・ラーニング・セ…

TV出るのも辻説法

東北福祉大 千葉公慈学長

1月8日

学長に就任して昨年12月で1年がたった。テレビ番組「ぶっちゃけ寺」でブレークし、今もテレビでコメンテーターとして活躍する。 当初はぶっちゃけ寺の監修を頼まれたが「内容をい…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加