PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

禅を核に生きた仏教

愛知学院大 引田弘道学長(67)

ひと2020年5月8日 10時12分
禅を核に生きた仏教

4月から曹洞宗関係学校・愛知学院大の学長に就任した。もともと鳥取の寺院に長男として生まれた。大阪外国語大フランス語科を卒業後、一般企業に勤めたが、寺を継ぐために仏教を学ぼうと東京大(印度哲学)に学士入学。当時、教授だった早島鏡正氏から「仏(フツ)から仏(ぶつ)だな」と言われたのが思い出深いという。

愛知学院大講師時代には、横浜善光寺の留学僧として英国オックスフォード大に留学。同大には前田惠學氏がいて、生きた仏教の重要性を説いていた。こうした善光寺の取り組みや前田氏の影響もあって「葬儀や法事だけでなく、生きた仏教、社会とコミットした仏教が重要だ」と考えるようになった。

愛知学院大は3年前から臨床宗教師育成を始めたが、その導入の立役者となった。「今ほど、僧侶の在り方が問われている時はない。新型コロナウイルスの影響で、故人をしっかりと送ることができない可能性がある。僧侶は何のためにいるのかと言われかねない」

世界宗教である仏教は、戒律を基軸に中国やスリランカなどのアジアに広まり、互いに影響を与え続けてきた。だが、日本の仏教は江戸時代以降、日本人だけのものになってしまった。本来の姿を取り戻してほしいと願う。

「禅や瞑想は欧米に分かりやすく、あちらで生きた仏教として受け入れられている。それを逆輸入すれば日本の仏教の刺激になるのではないか。総合大学である愛知学院大としては、禅を核にした日本文化として発信していければ」と抱負を語っている。

(赤坂史人)

「暦神」の側面もPR

八坂神社 野村明義宮司

10月22日

1日付で京都市東山区の八坂神社宮司に就任した。ライフワークは、同神社や祇園信仰にもゆかりの深い陰陽道や暦の研究で「祇園祭の神社というだけではなく、暦神としての側面も知って…

自ら祈る姿示し教化

真言宗智山派大本山成田山新勝寺 岸田照泰貫首

7月28日

全国から多くの檀信徒が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)の中興第22世貫首に3月28日付で就任した。どんなに時代が変わっても必要とされてきた信仰の大切さを祈る姿をもって伝…

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長

7月16日

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代…

一人の選択と責任 地球の明日を生きるために

社説10月22日

AID出生者の苦悩 寄り添いと技術の歯止めを

社説10月21日

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加