PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏(40)

ひと2020年5月22日 13時36分
ブラジル経験を糧に

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在した。

大学卒業後は進学や自坊へ戻る選択肢もあったが「10年後に後悔しないような経験がしたい」と、あえて最も遠く、縁がないブラジルに身を置こうと決心した。

しかし当初は言語の壁に突き当たり「これまでの自分は日本語によって出来ていたと気付いた。言葉で表現することができない環境下では、自分は何者でもないのだと痛感させられた」。

滞在中は法務のほかにも、マリンガ日伯寺併設の日系人のための養老施設、和順ホームへの寄付を募る活動も行った。資金だけでなく卵やジャガイモなどを受け取ることもあり、図らずもいろいろな人と話す機会を得た。さらには会報作成のための広告収集、印刷所とのやりとりも担った。

「言葉が通じない場所で、何とか自分にできることを身に付けるしかないと努めたことや、多くの人たちと関わったことは間違いなく自分の宝になっていると思う」。

帰国後もブラジルと縁は途切れておらず、18年にクリチバの日伯寺で五重相伝が開かれた際、現地に赴いた。その時の檀信徒の喜びの声は深く心に残っているという。

国際教化の視点からもブラジルをはじめ海外開教区について多くの人に知ってもらいたいという思いがある。全浄青理事長として、ポルトガル語で念仏の教えを広める取り組みや、有志で南米全4カ所の開教寺院を回る研修を構想している。

(奥岡沙英子)

情報共有を進めたい

真宗木辺派 髙田信良宗務長

6月11日

馬籠前内局の任期満了に伴い5月19日の宗派総会で選出され、1日に就任した。2024年5月に予定する慶讃法要(宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年・木邊顯慈門主の伝…

行事の在り方を見直し

臨済宗建仁寺派 奥村紹仲・宗務総長

6月4日

「思い煩うな なるようにしかならんから 今を切に生きよ」とのブッダの言葉を座右の銘とする。昨年12月に参事会から川本博明宗務総長の後任候補として推薦を受け、3月の投票で信…

疲弊末寺まず手助け

臨済宗南禅寺派 鈴木正澄・宗務総長

6月2日

病気治療に専念するため任期を半年間残して退任した蓮沼良直・前宗務総長の後任に、南禅寺塔頭寺院の総意として推挙された。山内からの宗務総長誕生は櫻井景雄・正因庵住職以来44年…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加