PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏(40)

ひと2020年5月22日 13時36分
ブラジル経験を糧に

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在した。

大学卒業後は進学や自坊へ戻る選択肢もあったが「10年後に後悔しないような経験がしたい」と、あえて最も遠く、縁がないブラジルに身を置こうと決心した。

しかし当初は言語の壁に突き当たり「これまでの自分は日本語によって出来ていたと気付いた。言葉で表現することができない環境下では、自分は何者でもないのだと痛感させられた」。

滞在中は法務のほかにも、マリンガ日伯寺併設の日系人のための養老施設、和順ホームへの寄付を募る活動も行った。資金だけでなく卵やジャガイモなどを受け取ることもあり、図らずもいろいろな人と話す機会を得た。さらには会報作成のための広告収集、印刷所とのやりとりも担った。

「言葉が通じない場所で、何とか自分にできることを身に付けるしかないと努めたことや、多くの人たちと関わったことは間違いなく自分の宝になっていると思う」。

帰国後もブラジルと縁は途切れておらず、18年にクリチバの日伯寺で五重相伝が開かれた際、現地に赴いた。その時の檀信徒の喜びの声は深く心に残っているという。

国際教化の視点からもブラジルをはじめ海外開教区について多くの人に知ってもらいたいという思いがある。全浄青理事長として、ポルトガル語で念仏の教えを広める取り組みや、有志で南米全4カ所の開教寺院を回る研修を構想している。

(奥岡沙英子)

自ら祈る姿示し教化

真言宗智山派大本山成田山新勝寺 岸田照泰貫首

7月28日

全国から多くの檀信徒が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)の中興第22世貫首に3月28日付で就任した。どんなに時代が変わっても必要とされてきた信仰の大切さを祈る姿をもって伝…

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長

7月16日

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代…

一体感持ち同方向に

真宗興正派 秦直樹・宗務総長

7月14日

三井前内局の任期満了に伴い6月22日に宗務総長に就任した。2023年に予定する慶讃法要や本山興正寺御影堂の工事、本山および霊廟の有効活用基本構想策定等の課題に取り組む。「…

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

社説9月22日

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加