PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

物事を命のレベルで

東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺) 飛鷹全隆長者(77)

ひと2020年9月9日 10時46分
物事を命のレベルで

7月21日に東寺長者に就任した。東寺と高野山を行き来し密教を広めた弘法大師空海のように、東寺長者、高野山真言宗三宝院住職として、人々のために祈りを捧げる。

愛媛県西条市の出身。高野山高に進学し、縁あって三宝院の草繋全弘氏の下で修行に励んだ。草繋氏について「仏道に対して厳しいが、奥底には慈愛の心があった。掃除は自ら率先して行い、食べ物は皆で分け合い食平等を徹底した。その姿から多くのことを学ばせてもらった」と話す。

高野山大、同大学院を修了し、龍谷大大学院博士課程に進んだ。草繋氏の紹介で訪れた東寺で、洛南高の礎を築いた三浦俊良氏に出会う。「東寺の仏様の名の下に生徒を育てるという強い信念を持った方。厳しいけれど慈愛を持ち、師僧に通じるところがあった」

種智院大で講師を務めながら龍谷大に通っていたが、1969年に草繋氏が急死。三宝院へ戻りその後を継いだ。

草繋氏の「してもらう幸せではなく、してあげる幸せを」の言葉を胸に、84年から毎月21日に東寺で托鉢を行ってきた。三浦氏に言われた「続けなさい」の一言が原動力となり、現在まで35年間続けている。

新型コロナウイルス感染症や地球温暖化など様々な問題に直面する今、「人間は原点に戻る必要がある」と話す。

「大日如来の教えの中に、己の心を知るという意味の『如実知自心』があります。心の『源底』を知ることで、自然や虫など生きとし生けるものたちとつながることができる。命のレベルで物事を考える大切さを伝えていきたい」と語った。

(原田梨里)

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長

9月25日

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている…

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏

5月22日

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在…

禅を核に生きた仏教

愛知学院大 引田弘道学長

5月8日

4月から曹洞宗関係学校・愛知学院大の学長に就任した。もともと鳥取の寺院に長男として生まれた。大阪外国語大フランス語科を卒業後、一般企業に勤めたが、寺を継ぐために仏教を学ぼ…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加