PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

物事を命のレベルで

東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺) 飛鷹全隆長者(77)

ひと2020年9月9日 10時46分
物事を命のレベルで

7月21日に東寺長者に就任した。東寺と高野山を行き来し密教を広めた弘法大師空海のように、東寺長者、高野山真言宗三宝院住職として、人々のために祈りを捧げる。

愛媛県西条市の出身。高野山高に進学し、縁あって三宝院の草繋全弘氏の下で修行に励んだ。草繋氏について「仏道に対して厳しいが、奥底には慈愛の心があった。掃除は自ら率先して行い、食べ物は皆で分け合い食平等を徹底した。その姿から多くのことを学ばせてもらった」と話す。

高野山大、同大学院を修了し、龍谷大大学院博士課程に進んだ。草繋氏の紹介で訪れた東寺で、洛南高の礎を築いた三浦俊良氏に出会う。「東寺の仏様の名の下に生徒を育てるという強い信念を持った方。厳しいけれど慈愛を持ち、師僧に通じるところがあった」

種智院大で講師を務めながら龍谷大に通っていたが、1969年に草繋氏が急死。三宝院へ戻りその後を継いだ。

草繋氏の「してもらう幸せではなく、してあげる幸せを」の言葉を胸に、84年から毎月21日に東寺で托鉢を行ってきた。三浦氏に言われた「続けなさい」の一言が原動力となり、現在まで35年間続けている。

新型コロナウイルス感染症や地球温暖化など様々な問題に直面する今、「人間は原点に戻る必要がある」と話す。

「大日如来の教えの中に、己の心を知るという意味の『如実知自心』があります。心の『源底』を知ることで、自然や虫など生きとし生けるものたちとつながることができる。命のレベルで物事を考える大切さを伝えていきたい」と語った。

(原田梨里)

自ら祈る姿示し教化

真言宗智山派大本山成田山新勝寺 岸田照泰貫首

7月28日

全国から多くの檀信徒が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)の中興第22世貫首に3月28日付で就任した。どんなに時代が変わっても必要とされてきた信仰の大切さを祈る姿をもって伝…

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長

7月16日

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代…

一体感持ち同方向に

真宗興正派 秦直樹・宗務総長

7月14日

三井前内局の任期満了に伴い6月22日に宗務総長に就任した。2023年に予定する慶讃法要や本山興正寺御影堂の工事、本山および霊廟の有効活用基本構想策定等の課題に取り組む。「…

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮

社説7月30日

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年

社説7月28日

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加