PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長(78)

ひと2020年9月25日 13時52分
学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている。しかし『御用研究所』であってはならず、学問の中立性を守っていきたい。私は宗学の専門家ではないが、浄土宗の教えは法然上人の言葉が中心にあるべきだ」と強調する。

現在、研究所で進行中のプロジェクトは20ほどあり、内容は現代社会との関わりから文献調査まで多岐にわたる。所長就任後は一通り各研究会に顔を出したいと考えていたが、新型コロナウイルスの影響で研究所に出勤することもままならなくなった。しかしリモートで開かれるようになった研究会は、かえって遠隔地在住の研究員の出席率が上がり、活発な議論が交わされているという。

とはいえ自身はどちらかというとアナログ派。『般若経』や『瑜伽師地論』『十住毘婆沙論』等の漢訳仏典を中心に、『大正新脩大蔵経』のページをめくりながら研究してきた世代だ。2012年に定年を迎えるまで大正大の仏教学の教授として後進の育成や研究に邁進。「大学の研究室での他宗派の先生方との交流を通じ、学ぶことは多かった」と振り返る。

浄土宗教学院理事、教学審議会委員長、大本山増上寺璽書道場の教誡師などの要職を務め、世代交代の時機を探っていたところだったが、ぜひ所長にと請われた。「研究員は顔なじみばかり。私は自然体に構えて、各研究員の自主性に任せていきたい」と今後の運営方針を語った。

(佐藤慎太郎)

10年後を見据え改革を

真言律宗 松村隆誉管長

9月30日

8月1日に管長・総本山西大寺長老に就任。宗務長2期5年の経験を生かし「時代に即した姿を模索しながら、改革を進めたい」と意気込む。 自坊は大阪市住吉区の荘厳浄土寺。住吉大社…

物事を命のレベルで

東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺) 飛鷹全隆長者

9月9日

7月21日に東寺長者に就任した。東寺と高野山を行き来し密教を広めた弘法大師空海のように、東寺長者、高野山真言宗三宝院住職として、人々のために祈りを捧げる。 愛媛県西条市の…

ブラジル経験を糧に

全国浄土宗青年会第26期理事長 松野瑞光氏

5月22日

4月1日に全国浄土宗青年会の理事長に就任した。長崎県川棚町にある法源寺に生まれ、大正大で浄土学を学んだ後、2004~10年に開教師としてブラジル(浄土宗南米開教区)に滞在…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

人間の尊厳と宗教 いのちの本源的な領域

社説10月16日

学術会議任命拒否 理解できる理由の説明を

社説10月14日

人間の弱さを見る目 思いやりの広まりこそ希望

社説10月9日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加