PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長(78)

ひと2020年9月25日 13時52分
学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている。しかし『御用研究所』であってはならず、学問の中立性を守っていきたい。私は宗学の専門家ではないが、浄土宗の教えは法然上人の言葉が中心にあるべきだ」と強調する。

現在、研究所で進行中のプロジェクトは20ほどあり、内容は現代社会との関わりから文献調査まで多岐にわたる。所長就任後は一通り各研究会に顔を出したいと考えていたが、新型コロナウイルスの影響で研究所に出勤することもままならなくなった。しかしリモートで開かれるようになった研究会は、かえって遠隔地在住の研究員の出席率が上がり、活発な議論が交わされているという。

とはいえ自身はどちらかというとアナログ派。『般若経』や『瑜伽師地論』『十住毘婆沙論』等の漢訳仏典を中心に、『大正新脩大蔵経』のページをめくりながら研究してきた世代だ。2012年に定年を迎えるまで大正大の仏教学の教授として後進の育成や研究に邁進。「大学の研究室での他宗派の先生方との交流を通じ、学ぶことは多かった」と振り返る。

浄土宗教学院理事、教学審議会委員長、大本山増上寺璽書道場の教誡師などの要職を務め、世代交代の時機を探っていたところだったが、ぜひ所長にと請われた。「研究員は顔なじみばかり。私は自然体に構えて、各研究員の自主性に任せていきたい」と今後の運営方針を語った。

(佐藤慎太郎)

自ら祈る姿示し教化

真言宗智山派大本山成田山新勝寺 岸田照泰貫首

7月28日

全国から多くの檀信徒が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)の中興第22世貫首に3月28日付で就任した。どんなに時代が変わっても必要とされてきた信仰の大切さを祈る姿をもって伝…

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長

7月16日

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代…

一体感持ち同方向に

真宗興正派 秦直樹・宗務総長

7月14日

三井前内局の任期満了に伴い6月22日に宗務総長に就任した。2023年に予定する慶讃法要や本山興正寺御影堂の工事、本山および霊廟の有効活用基本構想策定等の課題に取り組む。「…

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

社説9月22日

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加