PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

10年後を見据え改革を

真言律宗 松村隆誉管長(72)

ひと2020年9月30日 10時47分
10年後を見据え改革を

8月1日に管長・総本山西大寺長老に就任。宗務長2期5年の経験を生かし「時代に即した姿を模索しながら、改革を進めたい」と意気込む。

自坊は大阪市住吉区の荘厳浄土寺。住吉大社と縁が深く、古代から近世にかけての遺構が残る境内で育った影響で考古学に関心を持ち、学芸員の資格を取得した。南山進流声明の玉島宥雅氏に師事し、自身は阿闍梨として約20年間、多くの僧侶に声明を教えてきた。

大阪真言青年会や摂津国大阪市霊場会の会長、宗議会議員や宗務長を歴任した。「自分から手を挙げたことはないが、多くの縁に恵まれ、いろいろなことを経験させてもらった」と振り返る。

宗派や本山の課題として、宗規宗憲の改正や経済基盤の強化を挙げる。宗務長時代に取り組んできたが、実現できなかった両課題に対し「まずは実行できる組織となるための改革を行う。そのためにも宗規宗憲の改正が必要」と話す。

経済基盤強化の主軸となるのは、自身が10年前から提案してきた西大寺境内の有料化だ。「本山は本当の意味で自立しなければならない。境内有料化を実現し、SNSを活用した情報発信などを推進したい。経済基盤の確立は大変なことで、10年はかかるだろう。でも先延ばしにはできない」

その胸中には、亡き妻の「今の10年が先の10年に続いている。さぼっていたら落ちてしまうよ」という言葉がある。

「自分は威風堂々とした立派な管長ではない。けれどもそこにこだわるのではなく、宗派や本山のことを第一に考え、社会と真摯に向き合ってあるべき姿を模索していきたい」

(原田梨里)

自ら祈る姿示し教化

真言宗智山派大本山成田山新勝寺 岸田照泰貫首

7月28日

全国から多くの檀信徒が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)の中興第22世貫首に3月28日付で就任した。どんなに時代が変わっても必要とされてきた信仰の大切さを祈る姿をもって伝…

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長

7月16日

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代…

一体感持ち同方向に

真宗興正派 秦直樹・宗務総長

7月14日

三井前内局の任期満了に伴い6月22日に宗務総長に就任した。2023年に予定する慶讃法要や本山興正寺御影堂の工事、本山および霊廟の有効活用基本構想策定等の課題に取り組む。「…

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

社説9月22日

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加