PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

10年後を見据え改革を

真言律宗 松村隆誉管長(72)

ひと2020年9月30日 10時47分
10年後を見据え改革を

8月1日に管長・総本山西大寺長老に就任。宗務長2期5年の経験を生かし「時代に即した姿を模索しながら、改革を進めたい」と意気込む。

自坊は大阪市住吉区の荘厳浄土寺。住吉大社と縁が深く、古代から近世にかけての遺構が残る境内で育った影響で考古学に関心を持ち、学芸員の資格を取得した。南山進流声明の玉島宥雅氏に師事し、自身は阿闍梨として約20年間、多くの僧侶に声明を教えてきた。

大阪真言青年会や摂津国大阪市霊場会の会長、宗議会議員や宗務長を歴任した。「自分から手を挙げたことはないが、多くの縁に恵まれ、いろいろなことを経験させてもらった」と振り返る。

宗派や本山の課題として、宗規宗憲の改正や経済基盤の強化を挙げる。宗務長時代に取り組んできたが、実現できなかった両課題に対し「まずは実行できる組織となるための改革を行う。そのためにも宗規宗憲の改正が必要」と話す。

経済基盤強化の主軸となるのは、自身が10年前から提案してきた西大寺境内の有料化だ。「本山は本当の意味で自立しなければならない。境内有料化を実現し、SNSを活用した情報発信などを推進したい。経済基盤の確立は大変なことで、10年はかかるだろう。でも先延ばしにはできない」

その胸中には、亡き妻の「今の10年が先の10年に続いている。さぼっていたら落ちてしまうよ」という言葉がある。

「自分は威風堂々とした立派な管長ではない。けれどもそこにこだわるのではなく、宗派や本山のことを第一に考え、社会と真摯に向き合ってあるべき姿を模索していきたい」

(原田梨里)

人材発掘、知見生かす

西山浄土宗 土江賢祥宗務総長

10月21日

1日に就任した。2024年の立教開宗850年を前に教勢の衰退や新型コロナウイルス問題に直面する中、特に人材発掘に力を入れ、その知見を生かした宗務の推進への意欲を示す。 人…

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長

9月25日

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている…

物事を命のレベルで

東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺) 飛鷹全隆長者

9月9日

7月21日に東寺長者に就任した。東寺と高野山を行き来し密教を広めた弘法大師空海のように、東寺長者、高野山真言宗三宝院住職として、人々のために祈りを捧げる。 愛媛県西条市の…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

異なる原理 最善の交流の道を探るべき

社説10月21日

人間の尊厳と宗教 いのちの本源的な領域

社説10月16日

学術会議任命拒否 理解できる理由の説明を

社説10月14日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加