PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

人材発掘、知見生かす

西山浄土宗 土江賢祥宗務総長(63)

ひと2020年10月21日 13時41分
人材発掘、知見生かす

1日に就任した。2024年の立教開宗850年を前に教勢の衰退や新型コロナウイルス問題に直面する中、特に人材発掘に力を入れ、その知見を生かした宗務の推進への意欲を示す。

人材発掘に関する構想は、ITや経営などに関する専門的な知識や技術を持った僧侶や檀信徒を想定。それらの人々に新たな企画の提案を促す会議体や採用した案の実行機関を設置するなどの体制を整備したい考えだ。

特に宗派や総本山光明寺(京都府長岡京市)に関する対外的な情報発信、宗内の情報共有などを促進する重要性を強調。「宗務に関わる一部のメンバーだけでは知識も技術も限られる。コロナ終息後のことを考える上でも従来のやり方を再考していく必要がある」と話し、「これらのことはいっぺんにはできないが、基礎づくりはしたい」と就任の抱負を語った。

「腹が減ったら何でもおいしい。だから物事はおなかをすかしてかかりなさい」。京都西山短期大在学中の光明寺での住み込み生活時代に、当時の頼松祥倫宗務総長からそんな言葉を掛けられたことが忘れられない。

“空腹”が意欲や興味を喚起するが故に「腹が減ると、人の話を許容できる余裕もできる。1人より3人。3人より5人。そうやってみんなの意見をのみ込みながら議論していきたい」とほほ笑んだ。

自坊は福岡県古賀市の谿雲寺で、出身の同県宗像市の光蓮寺を兼務。谿雲寺では本堂や庫裡、山門など諸伽藍を整備し、檀家30軒の光蓮寺でも本堂新築を成し遂げた。「懐の深い人柄で人望がある」が地元のある僧侶の土江評だ。

(池田圭)

10年後を見据え改革を

真言律宗 松村隆誉管長

9月30日

8月1日に管長・総本山西大寺長老に就任。宗務長2期5年の経験を生かし「時代に即した姿を模索しながら、改革を進めたい」と意気込む。 自坊は大阪市住吉区の荘厳浄土寺。住吉大社…

学問の中立性を守る

浄土宗総合研究所 小澤憲珠所長

9月25日

浄土宗総合研究所所長に今年度、就任した。仏教学が専門で、長年にわたり「大乗菩薩道」を研究テーマとしてきた。「研究所は浄土宗の諮問機関、シンクタンクとしての役割も担っている…

物事を命のレベルで

東寺真言宗総本山教王護国寺(東寺) 飛鷹全隆長者

9月9日

7月21日に東寺長者に就任した。東寺と高野山を行き来し密教を広めた弘法大師空海のように、東寺長者、高野山真言宗三宝院住職として、人々のために祈りを捧げる。 愛媛県西条市の…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

対話の前提 キリスト教的伝統との差異

社説11月27日

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに

社説11月20日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加