PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

信仰培養強化に全力

天台宗 阿部昌宏宗務総長(73)

ひと2021年1月6日 10時01分
信仰培養強化に全力

天台宗の4人の祖師を鑽仰する「祖師先徳鑽仰大法会」(2012~23年)の枠組みを決めた阿内局で財務部長、木ノ下内局では総務部長として制度立案企画に関与し、大法会の掉尾を飾る今年6月の伝教大師大遠忌御祥当法要では大導師を勤める巡り合わせとなった。コロナ禍の状況が気掛かりだが「どんなことがあろうと、規模を縮小してでも厳粛に円成させる」と意気込む。

宗議会議員になった06(平成18)年に1年生議員の勉強会「一八会」で宗務総長経験者の講演を開くなどの活動を通じて人脈を広げ、阿純孝宗務総長の就任時に内局入りを果たした。

元々、僧侶になる気はなかった。高専卒業後、電線ケーブルメーカーに就職し、離島に飲料水を輸送する海底送水管の開発などに携わったが、兄の死去で27歳の時に得度。比叡山行院での修行に臨んだ。自坊・觀音院は戦災に遭い、復興を目指して31歳で僧侶に専念。総本山比叡山延暦寺での駐在布教で自己研鑽した。

常に自らは下足番と承仕の役割を果たすことが大切であるとの信念から地道に勉強を続け、教区行事や仏青活動を通じて檀信徒教化や寺院運営を学んだ。1990年には自坊を復興し、「揺り籠から墓場まで」の老若男女の参拝者が集う寺になった。部長時代も「自分が総長のつもりで責任を持って事に当たる」との考えで職務を全うした。

宗務総長として今後は「大遠忌を通じた祖師の教えの継承や教師の研修制度拡充、檀信徒の一隅を照らす運動を通じた信仰培養の強化に取り組む」としている。

(須藤久貴)

人との出会い大事に

天台宗三千院門跡 小堀光實門主

1月12日

昨年11月に京都市左京区大原の三千院門跡門主に就任した。先々代の小堀光詮・第61世門主と親子2代での門主就任となる。「人と人との出会いを大事にして、三千院を訪れる人がまた…

「御寺」の品格守り抜く

真言宗泉涌寺派 川村俊弘宗務総長

12月10日

9月の選挙で続投が決まった上村貞郎管長(泉涌寺長老)から宗務総長(同寺寺務長)に任命された。約40年間、泉涌寺の寺務に携わってきた豊富な経験を生かし、皇室の菩提寺ゆえに「…

「鍋底」として範示す

大本 小林龍雄本部長

12月1日

経済産業省の中小企業庁や特許庁で勤めた元国家公務員。昨年8月に本部長(代表役員)に就任した。信仰継承や後継者育成に向けて若者に活躍の場を広げ、子育て世代の支援や世代別組織…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加