PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

TV出るのも辻説法

東北福祉大 千葉公慈学長(56)

ひと2021年1月8日 16時59分
TV出るのも辻説法

学長に就任して昨年12月で1年がたった。テレビ番組「ぶっちゃけ寺」でブレークし、今もテレビでコメンテーターとして活躍する。

当初はぶっちゃけ寺の監修を頼まれたが「内容をいちいち確認するので、だんだん面倒になり自分も出るようになった」と笑う。バラエティーだが品位を下げないよう心掛け、正確な情報を放送できたと自負する。

「開祖や宗祖は祈りの対象となり、時代とともに人々との間に距離感が生まれてしまう。しかし、人間ブッダのように実在し、素晴らしい生き方をした人たち。遠くに仰ぎつつも今に感じることができるようにしていくのが我々僧侶の役割だ」と熱く語る。

アイデアマンでもある。地元・千葉県市原市の小湊鐵道の取締役や同市観光大使、町おこし隊「いっぺあde渓谷」の代表などを務める。「開発とは『かいほつ』と読み、資源を掘り起こすことではなく、人間の本来性に目覚めることだ」と提唱すると、同鐡道が賛同。自坊の曹洞宗宝林寺最寄りの養老渓谷駅周辺のアスファルトを剥がして植林し、駅を森のようにした。時代と逆行するトロッコ列車の運行なども始め、グッドデザイン賞に輝いた。「いっぺあ」は地元の言葉で「いいでしょ?」の意味。町おこしでプリンやヤマイモのクッキーなどを提案し、人気商品になった。

かつて師匠から托鉢と辻説法が僧侶の原点と厳しく教わった。「プリンを売りながら旅人と仏教の話をしたり、テレビに出たり本を書いたりすることも辻説法。多くの人に仏教を分かりやすく伝えられれば」と語る。

(赤坂史人)

情報共有を進めたい

真宗木辺派 髙田信良宗務長

6月11日

馬籠前内局の任期満了に伴い5月19日の宗派総会で選出され、1日に就任した。2024年5月に予定する慶讃法要(宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年・木邊顯慈門主の伝…

行事の在り方を見直し

臨済宗建仁寺派 奥村紹仲・宗務総長

6月4日

「思い煩うな なるようにしかならんから 今を切に生きよ」とのブッダの言葉を座右の銘とする。昨年12月に参事会から川本博明宗務総長の後任候補として推薦を受け、3月の投票で信…

疲弊末寺まず手助け

臨済宗南禅寺派 鈴木正澄・宗務総長

6月2日

病気治療に専念するため任期を半年間残して退任した蓮沼良直・前宗務総長の後任に、南禅寺塔頭寺院の総意として推挙された。山内からの宗務総長誕生は櫻井景雄・正因庵住職以来44年…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加