PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

ピンチをチャンスに

佛教大 伊藤真宏次期学長(56)

ひと2021年2月17日 09時14分
ピンチをチャンスに

4月に佛教大の学長に就任する。昨年、仏教学部長に就いた直後で、自身も驚いたという。学長就任後には四条センターを紫野キャンパスへ機能移転し、OLC(オープン・ラーニング・センター)を開設予定。任期中の2022年には教育学部幼児教育学科の設置が計画されている。

「四条センターや通信教育課程で学ぶ一般の方々は強い向学心がある。通学の若い学生らと接点を持ってもらい、いい影響を及ぼし合う環境をつくりたい」と意気込む。

佛教大は1984年から一般向け講座を開いている。大学の知的資産を社会に還元してきた生涯教育と通信教育の先駆けだ。「これまでの積み重ねを進化させ、対面とオンライン双方の利点を生かして運用する。宗派とも一層連携し教師育成にも協力したい」と話す。

同大大学院博士後期課程で仏教学を専攻。七五調で仏、菩薩を賛嘆する和讃の研究を重ねた。実家の浄土宗法巖寺(兵庫県伊丹市)では父が月に1度念仏の会を開き、多くの人が集まった。御詠歌も和讃も身近だった。

高校時代、障がいがある妹を持つ親友に「宗教は信じられない」と言われショックを受けた。親友も家族も、伝統仏教には救われなかったという。一方でお念仏を喜ぶ人がいた。違いは何か。僧侶にはなりたくないと思うこともあったが、深く仏教を勉強する必要性を感じた経験だった。

新型コロナウイルスの感染拡大や学齢人口減、自然災害等が相次ぐ時代のかじ取りは困難も待ち受けるとしながら「“素人の目線”で厳しい中にピンチをチャンスに変える発想を持ちたい」と語る。

(磯部五月)

自ら祈る姿示し教化

真言宗智山派大本山成田山新勝寺 岸田照泰貫首

7月28日

全国から多くの檀信徒が訪れる成田山新勝寺(千葉県成田市)の中興第22世貫首に3月28日付で就任した。どんなに時代が変わっても必要とされてきた信仰の大切さを祈る姿をもって伝…

奉仕するリーダーに

時宗 神田普照・次期宗務総長

7月16日

時宗宗務総長および総本山清浄光寺(遊行寺)執事長に9月1日付で就任する。「これまでの経験の全てが役に立つ」との信念のもと、総本山の災害時の対策、時宗教学研究の充実、次世代…

一体感持ち同方向に

真宗興正派 秦直樹・宗務総長

7月14日

三井前内局の任期満了に伴い6月22日に宗務総長に就任した。2023年に予定する慶讃法要や本山興正寺御影堂の工事、本山および霊廟の有効活用基本構想策定等の課題に取り組む。「…

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮

社説7月30日

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年

社説7月28日

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加