PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

思い切った財政改革を

真宗佛光寺派 八木浄顕・次期宗務総長(70)

ひと2021年3月31日 10時59分
思い切った財政改革を

2013年から佐々木内局で総務を務め、16日の宗務総長選挙で当選した。4月16日に宗務総長に就任する。

最大の目標は23年の慶讃法会の円成で、法会に向けて同月24日に始まる渋谷真覚門主の巡教が宗務総長としての初仕事となる。「できるだけ多くの寺院に喜びを持って伺いたい」と意気込む。

懸案の財政改革については「思い切った改革には痛みを伴うかもしれないが、宗派の将来を考えると着手しなくてはならない時期に来ている」との認識を示した。

滋賀県米原市の宗門寺院出身で、結婚を機に25歳で現在の自坊である兵庫県姫路市の仏性寺に入寺した。声明の指導者として知られた真照第29代門主に師事して式務畑を歩む一方、自坊では日曜学校やボーイスカウトなど児童教化活動に長年取り組んできた。

地域住民との交流にも積極的で、明治生まれの人に地元の昔話を聞く「明治会」を立ち上げたこともある。「家で子どもに昔話をすると嫌がられることが多いが、お寺だと熱心に聴く人が多く、話を3~4冊の本にまとめることができた」と振り返り、様々な世代が共に集う大切さを指摘する。そうした経験も踏まえ、本山佛光寺を会場に地域の小学生や高齢者が食事を共にしながら触れ合う行事も検討中だ。

趣味は数珠作り。棕櫚やフェニックス、クルミなどの実の採取からひも通しまで全て自分で行う腕前で、宗内の講習会で講師を務めることもある。「数珠は手に触れると表面の渋が取れるからなのか、持てば持つほどなじんでものすごく良くなるんです」とほほ笑む。(池田圭)

情報共有を進めたい

真宗木辺派 髙田信良宗務長

6月11日

馬籠前内局の任期満了に伴い5月19日の宗派総会で選出され、1日に就任した。2024年5月に予定する慶讃法要(宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年・木邊顯慈門主の伝…

行事の在り方を見直し

臨済宗建仁寺派 奥村紹仲・宗務総長

6月4日

「思い煩うな なるようにしかならんから 今を切に生きよ」とのブッダの言葉を座右の銘とする。昨年12月に参事会から川本博明宗務総長の後任候補として推薦を受け、3月の投票で信…

疲弊末寺まず手助け

臨済宗南禅寺派 鈴木正澄・宗務総長

6月2日

病気治療に専念するため任期を半年間残して退任した蓮沼良直・前宗務総長の後任に、南禅寺塔頭寺院の総意として推挙された。山内からの宗務総長誕生は櫻井景雄・正因庵住職以来44年…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加