PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

思い切った財政改革を

真宗佛光寺派 八木浄顕・次期宗務総長(70)

ひと2021年3月31日 10時59分
思い切った財政改革を

2013年から佐々木内局で総務を務め、16日の宗務総長選挙で当選した。4月16日に宗務総長に就任する。

最大の目標は23年の慶讃法会の円成で、法会に向けて同月24日に始まる渋谷真覚門主の巡教が宗務総長としての初仕事となる。「できるだけ多くの寺院に喜びを持って伺いたい」と意気込む。

懸案の財政改革については「思い切った改革には痛みを伴うかもしれないが、宗派の将来を考えると着手しなくてはならない時期に来ている」との認識を示した。

滋賀県米原市の宗門寺院出身で、結婚を機に25歳で現在の自坊である兵庫県姫路市の仏性寺に入寺した。声明の指導者として知られた真照第29代門主に師事して式務畑を歩む一方、自坊では日曜学校やボーイスカウトなど児童教化活動に長年取り組んできた。

地域住民との交流にも積極的で、明治生まれの人に地元の昔話を聞く「明治会」を立ち上げたこともある。「家で子どもに昔話をすると嫌がられることが多いが、お寺だと熱心に聴く人が多く、話を3~4冊の本にまとめることができた」と振り返り、様々な世代が共に集う大切さを指摘する。そうした経験も踏まえ、本山佛光寺を会場に地域の小学生や高齢者が食事を共にしながら触れ合う行事も検討中だ。

趣味は数珠作り。棕櫚やフェニックス、クルミなどの実の採取からひも通しまで全て自分で行う腕前で、宗内の講習会で講師を務めることもある。「数珠は手に触れると表面の渋が取れるからなのか、持てば持つほどなじんでものすごく良くなるんです」とほほ笑む。(池田圭)

正しい禅を伝えたい

曹洞宗・南アメリカ国際布教総監 清野暢邦さん

2月17日

布教師になって四半世紀。ブラジル・リオデジャネイロ五輪があった2016年、管長の名代の特派布教師として南米各地を巡回し、仏法を求める人たちのあつい思いに触れた。 「アップ…

ピンチをチャンスに

佛教大 伊藤真宏次期学長

2月17日

4月に佛教大の学長に就任する。昨年、仏教学部長に就いた直後で、自身も驚いたという。学長就任後には四条センターを紫野キャンパスへ機能移転し、OLC(オープン・ラーニング・セ…

TV出るのも辻説法

東北福祉大 千葉公慈学長

1月8日

学長に就任して昨年12月で1年がたった。テレビ番組「ぶっちゃけ寺」でブレークし、今もテレビでコメンテーターとして活躍する。 当初はぶっちゃけ寺の監修を頼まれたが「内容をい…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加